いつまで出せる?:窓口・郵送・e-Tax・時間外収受箱

スクリーンショット 2016-03-09 8.55.26

所得税の確定申告書はいつまでに出せばいいのか。もちろん平成27年分の場合は、平成28年3月15日です。では3月15日のいつまで出せるのでしょうか?まとめてみました。

窓口受付

3月15日(火)の17:00まで

ただし、相談受付は16:00までになっています。

その場で申告書の書き方を教えてもらいたい場合などは、時間に余裕をもって行くようにしましょう。

郵送受付

3月15日(火)の通信日付印を押してもらえる郵便窓口が開いている時間まで

申告書を郵送提出する場合、通信日付印により表示された日を提出日とみなします。

通信日付印は、いわゆる消印ですので、ポストに入れただけではダメということです。

期限近くになった場合は、郵便局の窓口で郵送受付をしてもらったほうが、確実です。

e-Tax

3月15日(火)の24:00まで

ネット環境によっては送信が遅れるということがあります。

また、e-Taxの場合、事前準備が必要になります。

余裕を持って送信するようにしましょう。

時間外収受箱

3月15日(火)の24:00まで

時間外収受箱とは、各税務署に設置してある時間外の提出に対応するための税務署独自のポストです。

レンタルビデオ店の時間外返却BOXをイメージしていただいたらいいと思います。

時間外収受箱には諸説あり、3月16日の朝、担当者が収受箱を空けて確認するまでOKというのが通説です。

ただ、確実に提出するためには24:00まで、遅くとも明け方までには投函したほうが無難です。

まとめ

所得税の確定申告期限も間近に迫ってきました。

どの方法で提出するにしても、早めに提出することが一番ですね。

ちなみにですが、平成27年分の贈与税の申告期限も所得税と同じ、平成28年3月15日です。

こちらも忘れないように提出してくださいね。

 

 

◉編集後記◉

長男は元気になりましたが、次男の熱が下がらず、点滴を打つことに。長引いているので心配です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ