確定申告書の提出と合わせてチェック:所得税の青色申告承認申請書

スクリーンショット 2016-03-11 9.12.56平成27年分は白色申告をしたけれど、平成28年分は青色申告したい個人事業主の方は、平成28年3月15日(火)までに「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。確定申告書の提出と合わせてチェックしてみてください。

確定申告期限と同じ

平成28年分は青色申告したい。

平成27年分は白色申告で申告している方の場合、「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

期限は、確定申告期限と同じ平成28年3月15日(火)です。

確定申告書と合わせて提出すると憶えておけば、間違いがありませんね。

ただ、事業を相続した場合は、提出時期が短くなっています。

あまりにも3月15日を意識しすぎると、提出時期を逃すということもあります。

一応、確認をしておきましょう。

事業を相続した場合

青色申告をしていた親の事業を相続したという方の場合は、相続開始を知った日(死亡の日)の時期に応じて、それぞれ次の期間内に提出する必要があります。

【1】その死亡の日がその年の1月1日から8月31日までの場合

死亡の日から4か月以内

【2】その死亡の日がその年の9月1日から10月31日までの場合

その年の12月31日まで

【3】その死亡の日がその年の11月1日から12月31日までの場合

その年の翌年の2月15日まで

認められたか確認する方法

提出したら認められたかどうか、すぐに確認したいですよね。

でも実は、すぐに確認できる方法ってないんです^^;

ですので提出した後は、とりあえず青色申告できると思っていただいていて大丈夫です。

そうしなければ、帳簿の整備が間に合いません。

提出した後は、すぐに帳簿の整備に取りかかりましょう。

まとめ

確定申告書を提出すれば、確定申告は終了!

なのですが、翌年の申告のために、提出しておかなければいけない書類もあります。

白色申告の方が、平成28年分から青色申告をしようと思われていたら必要になるのが「所得税の青色申告承認申請書」です。

提出期限は、確定申告期限と同じ平成28年3月15日(火)

よく確認して、提出忘れのないようにしてくださいね。

提出を確認するには、こちらの記事「青色申告承認申請書:提出しているか認められたか確認する方法」も参考にしてみてください。

 

 

◉編集後記◉

長くかかりましたが、次男も元気になってきてくれました。来週からは通常運転に戻れそうです。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ