フリーランスと春休み:かたまり時間とこまぎれ時間

3AB38563-0429-4B07-8510-712AE7FA37FA

春休みです。といっても、私の春休みではありません。子供たちが春休みになりました。2つの時間の使い方を意識しておかなければいけません。

春休み

あっという間に3月も終わろうとしていますね。

子供たちは、春休みに入っています。

本人たちは、

2週間も休みがあるぜ!

と喜んでいますが、親としてはちょっと憂鬱なところもあるのではないでしょうか。

例えば、お昼ごはん。

一人だと晩ごはんの残りでもOKなんですが、子供たちがいるとそうもいきませんよね。

特にフリーランスで、自宅で仕事をしているという方の場合、いつもはできていた時間の確保が難しくなります。

そんな時は、「かたまり時間」と「こまぎれ時間」を意識してみるといいかもしれません。

かたまり時間

かたまり時間は、いわゆる労働時間です。

仕事に集中して取り組めるまとまった時間ですね。

子供たちがいることによって、このかたまり時間を確保することは難しくなります。

そのため、

・いつもは使っていなかった時間

・別のことに使っていた時間

の活用が必須です。

生活サイクルを変化させて対応する必要がありますね。

私の場合は、早起き度を加速させています。

こまぎれ時間

・何かと何かのあいだの時間

・他のことの様子を見ながらの時間

・中断されることがわかっている時間

子供たちがいると、このこまぎれ時間が多くなります。

でも、最初からこまぎれだと割り切れば、有効な時間にもなります。

私の場合、こまぎれ時間を利用して

・読書

・情報収集

・資料整理

・アポイント

などをしています。

ブログの更新も、こまぎれ時間を使えればいいですね。

まとめ

フリーランスの方の仕事とプライベートは、一体になっていることが多いと思います。

私の場合、思考することについては、仕事とプライベートの区別をつけていません。

以前、このような記事「年末年始も変わらぬ日常:常に高速で回転している状態」も書きました。

ただ、仕事にはどうしても必要な時間があります。

そんな時は、「かたまり時間」と「こまぎれ時間」を意識してみるといいかもしれません。

自分が今すべきことが見えて、焦りもなくなります。

春休みは、時間の使い方を考えるトレーニングにもなりますね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、家に子供の女の子の友達が遊びに来ました。はじめてのことだったので若干どうしていいかわからず…


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ