添付書類のデータ送信:平成28年4月1日から運用開始

スクリーンショット 2016-03-28 16.19.19

e-Taxで申告書や申請書、届出書を送信する際に問題となっていたのが「添付書類」です。この添付書類のイメージデータ送信が、平成28年4月1日から運用開始となります。

添付書類

添付書類とは、申告書や申請書、届出書を提出する際に、法令の規定によって添付して提出すべきこととされている書類のことをいいます。

具体的には、

法人を設立したとき

「履歴事項全部証明書」「定款」

太陽光発電設備などの特別償却をしたとき

「基準を満たすものであることにつき経済産業大臣が確認した旨を証する書類」

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特 別措置法施行規則第7条第1項の申請書の写し 」

収用の特別控除を受けるとき

「買取りの申出があったことを証する書類」「収用証明書」

などを、申告書や申請書、届出書そのものとは別に書面で提出しなければいけません。

運用開始

この添付書類、平成28年4月1日からPDF形式でデータ送信してもよいことになりました。

・自分で作成したものは、作成ソフト上で直接PDF形式に変換

・第三者が作成したものはスキャンしてPDF形式に変換

これらを申告書などのデータと一緒に送信します。

今のところ、

「法人税」「法人の消費税」「酒税」の申告とこれらに関連する申請等

が対象になっていますが、平成29年1月4日からはさらに、所得税や個人の消費税、贈与税や相続税にも広がっていきます。

利便性は?

これによって対象となる書類を紙でいただく必要はなくなりました。

期限が迫っているときは、メールなどに添付して送信してもらい、即座にe-Taxすることも可能ですね。

ただ、この「e-Taxにおける添付書類のイメージデータ送信」

税理士の利便性ほどには、納税者の方の利便性はあがらないかもしれません。

元になる書類は、紙で調達していただかなければならないからです。

まとめ

添付書類は、e-Taxで送信できないため、別途書面による提出が必要でした。

この提出が、PDF形式でデータ送信できるようになります。

ただ、元になる書類は、紙で調達していただかなければいけません。

また、原則5年間(長いもので9年間)の原本保存も義務づけられています。

ですので、納税者の方の利便性がすごくあがるという訳ではありませんね。

利便性よりも、ペーパーレス化を考えていくきっかけづくりになればと思っています。

 

 

◉編集後記◉

穏やかな天気の日が続いています。でも風は冷たい!


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ