移動手段は自転車:乗るだけでできる3つのマネジメント

A6246DAE-BFF7-458B-A68D-01E8606E0902郵便局や金融機関、市役所や税務署。諸用の移動手段には、自転車を使用しています。自転車に乗るだけで、3つのマネジメントができるようになります。

体のマネジメント

まず1つめは、体のマネジメントです。

フリーランスになってから特に気をつけているのが、体調です。

体調は、ダイレクトに仕事のパフォーマンスに影響します。

そのため、マネジメントしやすい体づくりを普段から心がけています。

自転車に乗るには、体力が必要です。

自転車に乗るため体調管理をする

自転車に乗ると体力がつく

体力がつくので体調管理しやすい

体調管理ができて自転車に乗れる

といういい流れができています。

心のマネジメント

2つめは、心のマネジメントです。

自転車での移動は、都市部では当たり前になっています。

ただ、これを地方(田舎)でやると「変わり者」です。

通常、地方での移動は車です。

自転車で移動している人は、ほとんど見かけません。

そのため、信号待ちをしていると、車から熱い視線を感じることになります(^^)

仕事のやり方は、自分の頭で考え、決め、行動しています。

そのやり方は、普通や常識という視点にとらわれていません(熟知はしています)。

自転車に乗り、自分のスタイルを持つことは、自分の軸の確認(心のマネジメント)になります。

時間のマネジメント

3つめは、時間のマネジメントです。

自転車を移動手段に使うと、移動のためにそれなりの時間が必要です。

・天候

・気温

・風の強さ

これらのことをクリアにしつつ、時間を確保しなければいけません。

自転車を使用することで、時間の管理がよりシビアになりました。

まとめ

移動手段に自転車を使用する。

それだけで「体・心・時間」の3つのマネジメントができるようになります。

ただ、自転車を使用することで、クライアントさんにご迷惑をおかけするようなことがあってはいけません。

私の場合、クライアントさんへの訪問には自転車を使用していません。

お約束した時間を確実に守るためです。

加えて、使用にストレスのない自転車を選ぶことも重要ですね。

私が使用している自転車については、こちらの記事「GIANT「ESCAPE AIR」:正当な商品には正当な対価が必要です」も読んでみてください。

 

 

◉編集後記◉

研修のため鳥取県倉吉市へ。すごく得るものがありました。早速、実践します。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ