teachからcoachへ:してあげる価値とできるようになる価値

57055FD0-64D7-4181-8F30-2AF2AD7230A8

これまで税理士をはじめいわゆる士業は、してあげる価値をお金に換えてきました。これからは、できるようになる価値にシフトしていかなければいけません。

してあげる価値

・調査をしてあげる

・手続きをしてあげる

・アドバイスをしてあげる

税理士をはじめいわゆる士業は、してあげる価値でお金をもらってきました。

今でもそうですし、これからも多くの部分で「してあげる価値」は存続していくのかもしれません。

できるようになる力

たとえ、私が住む地方(田舎)であっても、ITについてのクライアントさんのポテンシャルは高いです。

こちらから提案させていただくと「いいですね」「やってみます」と言っていただけることがほとんどです。

時には、私にはないアイデアを持たれていて教えていただくことも。

かなりの部分で「できるようになる力」を持たれています。

フルマラソン

「フルマラソン(42.195km)を完走してください」

と言われたらどう答えますか?

私なら、

「わかりました。やってみます。でも、何時間かかるかはわかりませんよ」

と答えます。

自信はありませんが完走するだけなら、はっていってでも最後は何とかなるかなと思うからです。

では、

「3時間以内で完走してください」

と言われたらどうでしょうか。

これは「絶対に無理」ですね。

トライする気持ちにさえもなりません。

できるようになる価値

フルマラソンを3時間以内に完走するには、参加するだけでは足りません。

自分に合った

・走りかた

・トレーニングのしかた

・体調管理のしかた

を考え、さらにそれらを根気強く続けなければいけません。

きちんとしたトレーナーから効果的なトレーニングを学ぶ必要があります。

逆に言うと、トレーナーが提供する「できるようになる価値」は、フルマラソンを完走できる価値ではなく、フルマラソンを3時間以内で完走できる価値でなければいけません。

まとめ

teach(ティーチ)からcoach(コーチ)へ。

それは、

できないことをしてあげる価値

できていないことができるようになる価値

へのシフトです。

この価値を追求していくと、ストックしている価値は、いずれ枯渇してしまうことになります。

してあげていたことが、できるようになってくるからです。

提供する価値も常にブラッシュアップし続けなければいけません。

でも、そうすればクライアントさんの「できるようになる力」がどんどん高まってくる。

苦しいですが、楽しみな道です!

税理士の価値については、こんな記事「お金と価値:税理士はお金に換算できない価値ではない」も書いています。

 

 

◉編集後記◉

近所の家の方の芝桜が、きれいに咲いています。畑の一角につくられていて、見る人が少ないのがもったいないくらいです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ