個人事業主と社会保険:個人と事業どちらのお金から支払うのがいい?

スクリーンショット 2016-04-23 6.23.12フリーランス(個人事業主)の社会保険は、国民健康保険と国民年金です。このお金は、個人のお金?事業のお金?どちらのお金から支払うのがいいのでしょうか。

フリーランスの社会保険

国が加入を義務づけている社会保険。

フリーランス(個人事業主)の方の多くが、健康保険は国民健康保険、年金保険は国民年金に加入し、保険料を支払っています。

今回は、フリーランス(個人事業主)の方が、どの社会保険に加入するのがよいのかということは書いていません。

その社会保険を支払った時に

・どのお金から支払っておけばいいのか

・そのお金から支払うことでどのような処理が必要か

・それぞれのメリット、デメリット

について書いています。

個人のお金から

個人のお金から支払った場合、事業のお金への影響がなく、帳簿への記載の必要がありません。

ただ、別に集計する必要があります。

【メリット】

・帳簿への記載がいらない

・個人と事業のお金の区分が明確になる

【デメリット】

・お金(引き落とし口座)を別に用意しなければいけない

・集計を別にする必要がある

・集計モレが出る可能性が高い

事業のお金から

事業のお金から支払った場合、帳簿への記載が必要ですが、集計しやすく、別にお金(引き落とし口座)を用意する手間が省けます。

ただ、事業で使えるお金を減らしてしまいます。

【メリット】

・帳簿への記載をすることで集計がしやすい

・帳簿は残高を合わせるため、集計モレの可能性が少ない

【デメリット】

・経費と区分して帳簿への記載が必要

・個人で支払うべきお金が、事業のお金を減らす

まとめ

フリーランス(個人事業主)の方が社会保険を支払うとき、支払うお金は、個人のお金、事業のお金、どちらであってもかまいません。

それぞれに必要な管理、そのメリット、デメリットがありますので自分にあった方法を選択してみてください。

私のおススメは、個人のお金からです。

個人と事業のお金は、やはり分けるべきという前提があるからです。

事業から毎月定額で生活費を支出し、その中から社会保険を支払うようにする。

そうすることによって、生活費がとれないときは事業に何か問題があるのでは?とフィードバックすることもできます。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午後から参観日とPTA活動でした。新しい教室、新しい先生。子供たちもがんばっていました。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ