今日の目的は何か?:目的をもって行動するから成果が出る

3C177AEC-82A7-47F6-A5B7-9D50D2BC0E14子供のサッカーの練習試合。その中でコーチが繰り返していた「今日の目的は何か?」成果を出すために必要なことです。

練習試合

子供のサッカーの練習試合がありました。

本人にとって、はじめての試合です。

もちろん、練習試合ですので何かの大会というような本格的な試合ではありません。

親たちもリラックスムードです。

それでも、本人はかなり緊張していたみたいですが(^^)

目的をもって行動する

練習試合の中で、コーチが繰り返し子供たちに伝えていたことがあります。

それは、

「今日の目的は何か?」

ということ。

・点をいくら取った

・勝った。負けた

といったことは、今日の目的ではない。

今日の目的は、

・ボールをキープして何人相手をかわせるか

その一点だけ。

試合中のミーティングで、何度も繰り返し伝えていました。

成果を出すために

成果を出すためには、目的を持つことが必要です。

目標ではありません。

例えば、本を読むときに

「問題解決コミュニケーションのヒントを得る」

という目的をもって読みます。

すると、その本の中でも特に問題解決やコミュニケーションに関連する部分を中心に意識して本を読むことができます。

目的をもって本を読むことで、その本の読むべきところがわかる。

はやく成果にたどり着けるということですね。

まとめ

目的をもって行動する。

目的をもって行動することで、その行動にレバレッジがかかり、はやく成果にたどり着くことができます。

ただ問題は、

・目的が何か客観的には見えにくい

・目的は途中で忘れてしまいやすい

ということです。

それを気づかせてくれるトレーナーやコーチの存在が、重要になってきますね。

このような記事「一緒に走りぬく覚悟があるか:税理士は例えるならトレーナー」も書いています。

 

 

◉編集後記◉

子供のサッカーの練習試合のため岡山県真庭郡新庄村へ。市町村合併の際、この地域で唯一独立の道を選んだ新庄村。キャラが立ってます。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ