◯×△×□:組み合わせを楽しみ、組み合わせで勝負する

743503A4-E52C-4312-8B3E-31BB67C09DB6子供が持っている玩具のひとつ、現代版ベーゴマです。組み合わせを楽しみ、組み合わせで勝負します。

現代版ベーゴマ

この現代版ベーゴマは、3つの部品に分かれています。

それぞれ、

・レイヤー

・ディスク

・ドライバー

という名称で呼ばれ、

その3つの部品を組み合わせることで、ひとつのベーゴマができます。

さらに、これらの部品がそれぞれ、

・バランス型

・アタック型

・ディフェンス型

という特性に分かれていて、

自分だけのオリジナルベーゴマが、作れるようになっています。

その組み合わせはほぼ無限。

まさに親泣かせの玩具です^^;

組み合わせで楽しむ

まずは、その組み合わせを楽しみます。

『アタック型のレイヤー×バランス型のディスク×ディフェンス型のドライバー』

『ディフェンス型のレイヤー×ディフェンス型のディスク×アタック型のドライバー』

こんな組み合わせを作ってみたと子供たちはお互いに自慢し合います。

はじめは特に何も考えずに、単純にその組み合わせを楽しんでいる様子でした。

ただ、このようなことになってくると…

組み合わせで勝負する

組み合わせたベーゴマは、実際に回して勝負することになります。

最初はただ、組み合わせを楽しんでいただけのベーゴマ。

いつからか勝負にこだわり、負けたらその組み合わせを考えはじめます。

・守りは十分だが、決定力にかける

・いつもはじかれるのは、バランスが欠けているからだ

・攻撃力はあっても、長く回り続けないと負ける

子供なりに原因を分析し、それを組み合わせに生かしていきます。

もちろん、イメージ通りに結果がついてくる訳ではありません。

それでも負けたらくやしくて、その組み合わせを考え直し、勝負しています。

まとめ

組み合わせを楽しみ、組み合わせで勝負する。

税理士も組み合わせで勝負することが必要です。

私の場合、

・経験値

・コーチング力

・IT

・ひとり

・時間

を組み合わせ、地方では「ちょっと変わった税理士」になっています。

ただ、今回子供たちから学んだのは、まず楽しむことも大切だということ。

楽しむことを忘れ、勝負できる組み合わせだけを考えていると、どこかに無理が出てきます。

まずは、自分がやって楽しいかという視点も忘れないようにしなければいけませんね。

 

 

◉編集後記◉

岡山県久米郡久米南町国道53号線沿いの喫茶リバティへ。昔ながらの喫茶店という感じですが、丁寧な仕事に好感が持てました。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ