iTunesカードを経費にする:管理が必要な2つのこと

7DF2F1A7-89DA-481D-BA41-8420E669191E

コンビニなどで購入したiTunesカード。購入した時点では経費になりません。このような管理が必要です。

iTunesカード

iTunesカードは、iTunesStoreやAppStoreでチャージ利用できるカードです。

コンビニなどで現金購入し、コードを読み取らせ(又は入力し)お金をチャージすることによって、Store内のコンテンツを利用することができます。

コンテンツには、アプリや音楽をはじめ、本や映画など様々なものがあり、利用するものによって、チャージしたお金から料金を支払います(クレジットカード払いもできます)。

そのコンテンツが経費になるかどうかということもあるのですが、今回は、購入したiTunesカードは経費になるのかというお話です。

経費にならない?

結論としては、iTunesカードを購入しただけでは、経費にはなりません。

iTunesカードだけでなく、チャージ利用するカードは、利用したときに経費になるのが原則です。

カードを購入した時点では、現金がカードに変わっただけ。

チャージしたあと実際に利用してはじめて、経費として認められます。

そのため、経費にするにはこのような管理が必要になります。

管理が必要な2つのこと

【1】何に・いくら使ったか

まず、チャージしたお金を何に・いくら使ったかが、わからなければいけません。

iTunesStoreやAppStoreであれば、利用ごとの領収書メール、または、購入履歴を確認することができます。

この領収書または購入履歴で、何に・いくら使ったかが、わかるようにしておきましょう。

【2】いくら残っているか

チャージしたお金が、いくら残っているか把握しておくことも大切です。

iTunesStoreやAppStoreであれば、自身のアカウント内に表示されています。

お金のチャージとコンテンツの利用をきちんと追うことができていれば、いくら残っているかは、常に把握できている

…はずですが、なかなかそうもいきません。

最低でも決算時(個人なら12月31日、法人なら事業年度ごとの決算日)には、チャージしたお金がいくら残っているか残高の確認をしておきましょう。

 

これらの管理に合わせて、帳簿の処理(データ入力)をしていきます。

実際の帳簿の処理(データ入力)のやり方については、後日、記事にします。

記事にしました→「iTunesカードを経費にする:帳簿の処理(データ入力)のやり方

まとめ

クラウド会計ソフト(主な2社)を確認したところ、iTunesカードとの連携は、まだできていないようでした(2016.5.17現在)。

後から連携すればいいやと思っていたら、実は対応していないということがあるかもしれません。

iTunesカードをよく利用されている方でしたら、申告前にまとめてやるのは大変です。

管理が必要な2つのことを意識して、日頃からの管理をしてみてくださいね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、長男が副鼻腔炎による頭痛と熱で学校をお休み。早めに受診しておけばよかったと後悔です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ