ストーリーが語れますか:お金の種類とお金の貯め方

4F87AA56-4E80-435C-B1F4-785F3D400338お金に色はついていない。とはよく言います。どんなお金であっても、お金はお金ですね。

お金の種類

お金の種類といっても、一万円、五千円、千円…という金種のことではありません。

ここでは、お金が自分のものになるまでの方法のことを言っています。

お金には、種類があります。

大きく分けると

「勤労所得(働いて得るもの)」と「不労所得(働かずに得るもの)」

その違いは、お金のストーリーを語れるか、語れないかです。

お金のストーリー

お金のストーリーが語れますか。

お金に色はついていませんが、そのひとつひとつに物語はついています。

・何を考えていたのか

・どんな思いをしたのか

・どのような苦労をはねのけたのか

不労所得が悪いわけではありません。

・ラクしてお金をもうける

・お金がお金を生む

という状況は、ビジネスの究極のかたちです。

でも、お金にストーリーがあれば、そのストーリーを子供たちに話すことができます。

ストーリーがあれば、それによって得たお金がいくらなのかという視点も、重要ではなくなってきますね。

お金の貯め方

とはいっても、お金は大事です(^^)

お金を残すためのテクニックも知っておきましょう。

これは、よく言われている「天引き法」がやはり有効です。

「収入−生活費⇒貯蓄」

「収入−貯蓄⇒生活費」

にするという単純なものですが、お金を貯めるには絶対の効果があります。

この方法のコツは、無理をしないということ。

例え少額でも、続けることが大事です。

正に、継続は力なりを実感できる方法です。

まとめ

お金に色はついていない。

その通りだと思います。

どのような手に入れ方をしてもお金はお金です。

それでも、お金のストーリーを子供たちに語ることができれば、いいですね。

もちろん、世の中は、きれいごとだけで済みません。

お金の効果的な貯め方も、頭に入れておいてみてくださいね。

 

 

◉編集後記◉

思いつきで、石川県輪島市の千枚田を家族で見に行きました。車中泊の強行軍。遠かったです(^^)

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ