消費税の再延期:未来は予測するだけではなく創るもの

0DDD1CD6-C7C7-4B45-B6C2-B2C4F6C5F398

消費税の増税が再延期になりました。未来は、予測するだけではなく創るものです。

再延期

消費税の増税が、再延期されることが表明されました。

2年半の延期(2017年4月→2019年10月)です。

まずは、増税が回避できたのでよかったというのが、大方の見かたでしょう。

ただ一方で、

・どうなってるんだ

・しなくてもやっていけるのか

・必要ならしなければいけないんじゃないか

という気持ちもありますよね。

予測できる

未来を予測する。

過去の経験値から、未来はある程度予測することができます。

今回の消費税の増税の再延期も、

・昨年あたりから少し不安定な要素があった

・すでに一度延期されている

という経験値から、あるかもなという予測ができました。

予測できれば、対策をたて、準備をすることができます。

ただ、未来は予測するだけでいいのでしょうか?

この視点も重要です。

創るもの

過去の経験値から未来を予測し、対策をたて、準備をしておく。

重要なことです。

ただ、未来については、予測して対策しておくだけでは足りないのでは?とも思います。

創るもの

という視点も忘れてはいけません。

予測するだけでなく、創るという視点を持つ。

そうすることで、創りたい未来から、自分が今すべきことを逆算することができます。

まとめ

消費税の増税が再延期になりました。

自分たちの未来はどうなるのか。

不安になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に子供たちには、そのツケが回ってきます。

未来は、予測するだけではなく、創るもの

消費税の増税が再延期されたことは、「創るもの」という視点が足りていないような気がしてなりません。

 

 

◉編集後記◉

AmazonMusicを試してみています。プライム会員なら無料とはいえ、やはり聴きたい曲が少ないですね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ