AppleMusicでいちばん使っている機能:ステーションを開始

スクリーンショット 2016-06-25 6.29.34愛用しているAppleMusic。リリースから約1年、いちばん使っている機能は「ステーションを開始」です。

AppleMusic

Apple Musicは、Appleが提供する定額制音楽配信サービスです。

定額(1ヶ月980円)で、AppleMusicにある多数の楽曲の中から、自由に選んで自分の好きな曲を聴くことができます。

いつも聴いている曲や自分の好みに合わせて、楽曲をおすすめしてくれたり、24時間オンエアしているインターネットラジオなどを楽しむことも。

リリースされてから約1年がたちますが、現在(2016.6.25)でも3ヶ月の無料トライアルを実施中です。

ステーションを開始

AppleMusicを使い始めて1年ほど。

いちばん使っている機能は、

「ステーションを開始」

です。

好みの曲やアーティストから、曲をセレクトして提供してくれるこの機能。

あればとりあえずOKぐらいに使っています。

使い方

まずは、自分の好きな曲からその日の気分に合わせた曲を選びます。

スクリーンショット 2016-06-25 6.18.42

曲名ヨコのメニューからステーションを開始をクリック。

スクリーンショット 2016-06-25 6.40.35

あとは放置です。

自分が選んだ曲に合わせた楽曲をセレクトして勝手に流してくれます。

自分がどんなステーションを聴いたか確認するのは「Radio」で

スクリーンショット 2016-06-25 6.20.26

このような感じで表示されていきます。

スクリーンショット 2016-06-25 6.21.03

「ステーションを開始」は、曲でもアーティストでもできます。

まとめ

AppleMusicを1年使ってみて、いちばん使っている機能は「ステーションを開始」です。

これだけしておけば、後は勝手に好みに合わせた曲を流し続けてくれます。

好きな曲をカセットテープに取って「マイベスト」を作っていた時代が懐かしいですね。

そのカセットテープを友達と貸し借りしたりして…

そういったことが、今はオンラインでできます。

ただ、オンラインだとそういった楽しさ・面白さの濃いコミュニケーションは、減ってしまうのかもしれませんね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、お昼から夜にかけて会合。会場を移動しながら2つの会合をこなしました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ