田舎暮らしに必須かも:家に車庫があるメリット・デメリット

3C9C35A2-CC93-4264-BF5B-D58D0C11972C

我が家には、車を2台止められる車庫があります。家に車庫があるメリット・デメリットです。

田舎=車

田舎暮らしをするなら、車は必須です。

「最近は、流通が行き届いているので必要ない」という意見もありますが、それは現実的ではありません。

すべてのものが家に届く訳ではありませんし、

・利用するために移動する

・移動しなければ利用できない

ということは、たくさんあります。

ものすごくお金に余裕があれば可能なのかもしれませんが、普通はそうではありませんよね。

だから、どうしても車は必要です。

では、その車を入れておく車庫は?

車庫があるメリット・デメリットを考えてみました。

※ここでいう車庫は、カーポートなどの簡易なものではなく、しっかり建屋としてある車庫を指しています。

メリット

①雪の日

我が家に車庫をつくった最大の理由がこれです。

カーポートなどの簡易なものでは、雪が吹き込んでしまっている場合があります。

出かける時は、それらを処理してから出かけなければいけません。

車庫があれば、その時間が短縮できます。

特に、朝の貴重な時間を無駄にすることがありません。

暖かい地域、雪があまり降らない地域では関係ないかもしれませんが。

②雨の日

今、子供たちが頑張っているサッカーのリフティング練習。

ある程度の広さの車庫があれば、雨の日でも練習ができるスペースを確保できます。

他にも、庭でバーベキューをしていたら急に雨が降りだしたときの一時的な場所として使えることも。

③暑い日

暑い日でも、外で遊びたい子供たち。

友だちが来たときには、影になる車庫を上手く利用して遊んでいるようです。

車庫でカードゲームをしていることも。

家の中でやればいいのですが^^;

デメリット

①固定資産税

カーポートなどの簡易なものでなければ、通常、母屋とは異なる家屋として、車庫を認識されます。

その分、固定資産税は多くかかります。

②掃除は必要

しっかりした車庫にすると、通常の家屋と同じ。

その分ほこりが溜まりやすくなります。

ある程度の掃除は必要です。

まとめ

車庫をつくったことについては、今のところデメリットよりもメリットを感じています。

やはり、自由に使えるスペースとしてのメリットが大きいですね。

田舎暮らしなら車は必須。

その車を入れる車庫は?

参考になれば幸いです。

田舎暮らしについては、こんな記事「田舎暮らしで感じる:子供と時季に合わせる幸せ」もあります。

 

 

◉編集後記◉

たまたま聴いてみた「ぼくのりりっくのぼうよみ」がカッコ良いです。聴かず嫌いでした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ