ファブレス:工場だけではない持たない経営がもたらすもの

783DC0BC-AD17-4FA9-B126-56746B48EDB2ファブレスは、製造業なのに工場を持たないビジネスモデルです。持たない経営がもたらすものは、思いのほか大きいです。

ファブレスとは

ファブレスとは、fab(加工施設:fabrication facility)less。

「工場がない」「工場を持たない」というような意味になります。

特に、製造業なのに工場を持たない。

具体的には、自社では製品の研究・企画・開発を行い、その製造は他社に委託する。

そういったビジネスモデルを称して「ファブレス」といいます。

持たない経営

ファブレスは、製造業なのに工場を持たない経営です。

工場を持たない経営にはどんないいことがあるのか。

まずは工場建設をはじめ、設備にかかる資金負担が減ります。

資金負担が減る

研究・企画・開発に注力

他社との差別化

売上増

資金余剰が増える

研究・企画・開発にさらに注力

他社との差別化が加速

これが、ファブレス企業が他社と比べて圧倒的有利に立つループです。

工場だけではない

今、このファブレスの考え方は製造業だけにとどまりません。

持たない経営がもたらすものは、大きいです。

・店舗を持たない

・事務所を持たない

・倉庫を持たない

・設備を持たない

・在庫を持たない

・人を持たない

・常識を持たない

まずは「持たない」可能性から考えてみる。

そうすることで、

本当に持たなければいけないものは何か?

が見えてきます。

まとめ

「持たない」可能性を考えてみることで、「本当に持たなければいけないもの」が見えてきます。

ファブレスであることは、製造業のビジネスモデルという枠を飛び出して、経営の考え方の本流にあるものではないでしょうか。

持つことにこだわらない。

持たない経営がもたらすものは、思いのほか大きいです。

事業を持ち寄るという考え方。こんな記事「事業にもポットラックを:持ち寄るメリット・デメリット」も書いています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、暑い一日でした。参議院選挙に行って、家でゆっくり、のんびり過ごしました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ