夏休みの宿題ができてない?:まずは全体を俯瞰し予定する

9CD791CD-AC24-498D-8DE3-9AA0D494541F8月に入り、夏休みも後半戦になりました。我が家の夏休みの宿題、完遂計画です。

夏休みの宿題

夏休みに入ってから10日ほど。

後半戦というのは早い。

まだまだ残ってる。

と思っていませんか?

ただ、夏休みの宿題に限って言うと、後半戦と言っても過言ではありません。

読書感想文、ポスター、自由研究などのいわゆる「大物」の宿題。

現時点で何個できているでしょうか?

我が家は、まだひとつもできていません^^;

でも、「時間がないよ。やりなさいよ!」だけでは、子供は絶対にやりませんよね。

このような完遂計画を立てています。

全体を俯瞰する

夏休み全体を俯瞰できていますか?

残りの夏休みのうち、

・お盆

・イベント

・お出かけ

これらの日は、「大物」の宿題をする日に入りません。

「大物」には、少なからず親のフォローが必要で、子供たちの時間はあっても、親の時間がとれないからです。

宿題ができる日で、さらにフォローもできる日となると…

まずは、夏休み全体を俯瞰してみましょう。

具体的な方法

【1】カレンダーを用意します。

スクリーンショット 2016-08-01 6.41.47

【2】宿題ができる日を◯します

スクリーンショット 2016-08-01 6.42.28

【3】親がフォローできる日を◎します

スクリーンショット 2016-08-01 6.42.43

【4】最後にその日にやる「大物」を書き込みます

スクリーンショット 2016-08-01 6.42.54

まとめ

夏休みの宿題、完遂計画。

当たり前の話ですが、親はフォローするだけです。

子供たちに頼られてしまってはいけません。

ポイントは、子供たちに

「意外と宿題できる日って限られている」

と認識させることです。

このように「見える化」しなければ、危機感を持てない。

これは大人も同じですね(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、読書感想文に取り掛かりました。2時間ほどがんばりましたが、完成にはいたらず。道のりは険しいです^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ