『やらないことリスト』が守れる理由:90より100のほうが、たやすい

1DC2B2D2-AF17-4134-B422-B38DAA23B0FA『やらないことリスト』を作っています。でも、どんなことも守れなかったら意味がない。『やらないことリスト』が守れる理由です。

『やらないことリスト』

なりたい自分になるために「やらないこと」を決めています。

・何かを達成したい

・今の状況を変えたい

・新しい自分になりない

そんな時、多くの人は目標設定をします。

・理想の状況

・あるべき姿

・夢の具現化

私は、この目標設定が苦手です(経営上・業務遂行上の数値目標・実施目標は決めています)。

ゴールや目標は、変わらない・変えてはいけないものではなく、常に変わっていくものだと思っているからです。

その代わりに、決めて守っているのが「やらないこと」

「やらないこと」をしないことで、目標に向って進むというよりも、だんだんとその状態が向こうからやってくるというイメージです。

達成できない?

でも、この『やらないことリスト』を守ること。

結局は、目標設定するのと同じことなんじゃ…

と思ってしまいますよね。

「やらないこと」を目標にして、それを守っていく。

守れなければ、達成できないのと同じことなのでは?

確かにその通りです。

ただ『やらないことリスト』には、達成とは違った守れる理由があります。

90より100

目標設定をすると、どうしても「できる範囲でやればいい」という気持ちが出てきます。

このぐらいできたらOKだろうというやつですね。

でも「やらないこと」の場合、90やらないというのは難しいんです。

「やらないこと」では、このぐらいやらなければOKという落とし所を見つけにくい。

90やらないより100やらないことのほうが、たやすく、実行しやすい。

これが『やらないことリスト』が守れる理由です。

まとめ

90より100のほうが、たやすく、実行しやすい。

『やらないことリスト』が守れる理由は、ここにあります。

目標にあわせて、

・できる範囲でやる

・その場や状況に応じてやる

これは、理由が正しければ正しいほど、実行されてしまうものです。

受験生の方は、本試験間近ですね。

100にしましょう。90より、たやすいです。

わたしの『やらないことリスト』は、プロフィール❒で公開しています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、書類提出のため子供連れで税務署へ。「なんでこんなに静かなん?」税務署のある種異様な雰囲気にちょっとビビっていた子供たちでした(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ