あきらめないから得られるもの:あきらめても得られるもの

B548EB73-B6F6-4EF0-8F9C-697AA807FBAF物事は「あきらめないから得られるもの」です。でも「あきらめても得られるもの」も確実に存在します。

スイミングスクール

子供たちが、昨年の夏から1年ほど続けているスイミングスクール。

昨日、こんなことがありました。

時間になったので、

さぁ準備して行こうか

と言うと、ちょっと調子が悪そうにしています。

疲れている。体がだるい。要するに、行きたくない様子です。

実は1年続けてきて、どんどん上達していた泳ぎが、今ひとつの壁に当たっています。

あることですよね。私もありました(^^)

ここで、

あきらめるな!あきらめたら何にも得られないぞ。

と言うのは簡単なのですが、そうとばかりも言えません。

「あきらめても得られるもの」も確実にあるからです。

あきらめても得られるもの

今回のスイミングスクールであれば、

・準備の手間が省ける

・しんどい思いをしなくていい

・行くというプレッシャーから開放される

これらのものは、確実に得ることができます。

あきらめたらそこで試合終了だよ。(名言)

なのですが「あきらめても得られるもの」も確実に存在します。

あきらめないから得られるもの

一方で、物事は「あきらめないから得られるもの」です。

ただ「あきらめないから得られるもの」は、

・実体が見えにくい

・効果が出るのに時間がかかる

という特徴があります。

今回のスイミングスクールであれば、

・泳ぎが上手くなる

・体力がつく

・運動してすっきりする

これらのものは、実体が見えにくく、すぐに効果がでるものではありません。

まとめ

子供に、

あきらめるな!あきらめたら何にも得られないぞ。

と言うのは簡単です。

でも、それだけでは子供には伝わりません。

「あきらめても得られるもの」も確実に存在するからです。

「あきらめても得られるもの」があると認識して、それでも「あきらめないから得られるもの」があることを伝えるようにしなければいけない。

そう反省した出来事でした。

子供との会話で気づくことがあります。こんな記事「悪い奴と嫌な奴:子供と話をしていて気がついたこと」も書いています。

 

 

◉編集後記◉

そんなこんなで、昨日は長男がスイミングをお休み。次男と二人だけで行きました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ