漫画(マンガ)で名著:本で読んだほうが身につくの?

スクリーンショット 2016-08-15 7.36.01近頃よく見かける名著を漫画(マンガ)にしたもの。やはり本で読んだほうが身につくのでしょうか。実際に読んでみました。

漫画(マンガ)で名著

近頃よく見かけるのが、名著を漫画(マンガ)にしたもの。

検索してみると、実にたくさんの名著が漫画化されています。

私がよく読んでいるビジネス書のジャンルでも、たくさんの名著が漫画化されていました。

この漫画化された名著。

やはり本で読んだほうが身につくのでしょうか?

実際に読んでみました。

※漫画も本のひとつですが、ここでは、本はテキスト(字)で書かれた書籍のことを指しています。

ビジネス名著も漫画化

ビジネス書の名著といわれるもの、または名著のエッセンスを漫画化したものを集めてみました。

私が読んでみたのが、こちら

本は、こちらです。

身につく?身につかない?

漫画で読んでみての感想は、上手に描かれているということです。

また、私が読んだ『まんがで変わる仕事は楽しいかね?』は、テキスト(字)でかなりの部分が補足されていました。

身につくか、身につかないかというと…

結論は、出ませんね。

ただ、漫画が本を読むきっかけになることは、間違いありません。

いいと思ったら、漫画→本→漫画のサイクルを、ぐるぐる回していくのがおススメです。

まとめ

本は、とても効率のよい投資です。

著者の経験・時間・思考を、わずかな投資で得ることができ、様々な視点をもらうことができます。

まずは、読んでみること。

漫画(マンガ)で名著は、そのきっかけづくりになります。

より深く理解したいと思ったら、漫画→本→漫画のサイクルを、ぐるぐる回していくのがおススメですね。

本についての記事は、こちら「2016年上半期は200冊:読んでよかった本5選」も。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、サッカー観戦。地域チーム同士の試合なので、かなり間近で観ることができました。子供たちも満足です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ