差がでるサービスに必要なもの:想像力とあとひと手間

8CD2D9F2-3AC1-46E5-90D5-FF47E5A402C6想像力とあとひと手間。こういったところで、サービスに差が出てしまうと思った出来事です。

マグカップ

先日、アルミ製のマグカップを購入しました。

とあるアウトドアブランドのもので、スポーツ用品店で見つけたものです。

このマグカップ、帰宅する際にアスファルト路面に落として、傷つけてしまいました。

もちろん、落としてしまったのは不注意で、全面的に私が悪いのですが…

想像力とあとひと手間で、サービスに差が出てしまうなと思った出来事です。

想像力

前述したアルミ製のマグカップと一緒に、他にも購入したものがありました。

それは、スリーピングバックという寝袋のようなものです。

マグカップと比べるとかなり大きいもので、それらのものは同じ大きなナイロン袋に入れられていました。

同じ袋に大きいスリーピングバック2つと小さいマグカップ1つ。

マグカップは裸のまま、袋の中でぶらぶらしている状態です。

落としてしまうとどうなるか?

想像がつきますよね。

差がでるサービス

マグカップは、

・別の袋に入れる

・やわらかいもので包む

などのひと手間をかける。

そうすれば、このトラブルは防げたでしょう。

このひと手間に必要なのは、想像力です。

袋を落として、中身を傷つけてしまう恐れがある。

その想像力があれば、落としてしまった時のことを想定し、あとひと手間をかけることができます。

あとひと手間で、差がでるサービス。

しかもその差は、どんどん積み重なっていきます。

まとめ

差がでるサービスに必要なもの。

それは、想像力とあとひと手間です。

そのためには、普段から想像力を磨いておくことが大事ですね。

自分の仕事にも振り返って考える、いい機会になりました。

想像力については、こんな記事「想像力は鍛えられる:税理士は電車でスマホの画面を見ている場合ではない」も書いています。

◉編集後記◉

昨日、帰省先の愛媛から帰ってきました。今年も無事、お墓参りをすることができました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ