今だから言える子育て:「しかってますよアピール」してました

28DF5980-7AF5-4894-99A7-2E912FE8D391子育てについては、今だから言えることがあります。それは「しかってますよアピール」をしていたことです。

今だから言える

小学校2年生と4年生になったわが家。

基本的には、自分たちの身の回りのことは、自分たちでできるようになっています。

※もちろん、常にできている訳ではありません。「できない」と「しない」の違いがわかっていないこともあります^^;

外出先で騒いで、周りの人たちの迷惑になるということも、少なくなりました。

そうなった今だから、言えることがあります。

しかってますよアピール

外出先で自分の子供たちが騒ぎ出したら、どうしますか?

とりあえず、

「静かにしなさい!」

「周りの人たちに迷惑でしょ」

と言いますよね。

私もそうでした。

でも、あらためて考えてみると、それは周囲への「しかってますよアピール」だったかもしれません。

特に「周りの人たちに迷惑でしょ」は、イコール「迷惑かけてるのは、わかってるんですよ」と同じ。

「わかってますよ」

「すみませんね」

周りの人たちの目が気になるから、叱る。

「しかってますよ」アピールです。

自分のためか、子供のためか

例えば、病院で静かにしなさいという場合

子供たちには、

・なぜ静かにする必要があるのか

・どうして歩きまわってはいけないのか

その理由を伝えなければいけません。

・病院にはしんどい人が来る

・歩きまわるとぶつかったり、時には転んだりすることもある

それは、

・周りの人の目が気になる

・親は何やってんだと思われたくない

という理由ではないはずです。

これは、子供たちが理解できるかどうかとは別問題です。

・自分のためか

・子供のためか

意識しておくと、叱り方が違っていたのではないか?

今さらながら思います。

まとめ

しかってますよアピール。

周りの人たちの目がすごく気になりながらも、自分や子供の状況が見えていないというのは、すごく矛盾があるように思えます。

でも、子育てをしているとそうなってしまうことがある。

周りの人たちの目は、気になるどころか恐れさえ感じていました。

そういったところにも、子育てのしんどさはあります。

これからは、その自分が恐れていた「周りの人たち」の立場になっていきます。

「しかってますよ」アピールなんて、しなくてもいいんだよアピールをしていかなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、地域自治会の清掃がありました。地域の人たちが集まって、草を刈ったり、溝を掘ったりします。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ