正しく追い込む:アスリートとトレーニングとトレーナーの役割

1830a884-ee7d-49a9-ba1f-95501488200c

アスリートたちは自分を追い込むことで、人と違った世界を見ます。

アスリート

一流のアスリートたちは、どのようなトレーニングをしているのでしょうか。

おそらく、一般人には想像できないような努力を重ねているのだと思います。

それは、自分を極限まで「追い込む」作業。

人と違った世界を見るために、一流のアスリートたちは、自分を「追い込む」作業に没頭します。

ただ、そういった自分を「追い込む」作業。

こういった意識や、支える存在があるはずです。

正しく追い込む

自分を「追い込む」ことができたら、一流のアスリートになれる。

それでは、解答として少し不十分かもしれません。

自分を「正しく追い込む」が正解でしょう。

単純に「追い込む」のは、疲れるし、続きません。

無理をして故障の原因にもなります。

どれだけ自分を「正しく追い込む」ことができるか?

これが一流のアスリートの意識ではないかと思います。

トレーナーの役割

自分を「正しく追い込む」作業。

人と違った世界を見る一流のアスリートには、必須の作業です。

ただ、それを一人でやるとしたら?

その作業が本当に「正しく追い込む」作業になっているのか客観的に見ることができないという問題が出てきます。

一人では、体の異変に気づきにくいということもあるでしょう。

ここで必要になってくるのがトレーナーの存在です。

トレーナーが持つ

・知識

・理論

・経験

・事例

・分析力

「正しく追い込む」作業をサポートする。

それがトレーナーの役割です。

一流のアスリートの影には、一流のトレーナーの存在がある。

その理由でもありますね。

まとめ

単純に「追い込む」ことは、疲れるし、続きません。

体に支障をきたすことにもなります。

ただ、一流のアスリートなら?

人と違う世界を見るために「正しく追い込む」作業も必要です。

この関係性を別の視点で見ると、

アスリート=事業主

トレーニング=経理

トレーナー=税理士

とも言えます。

正しく追い込んでいきましょう(^^)

 

 

◉編集後記◉

アロマディフューザーを購入しましたが、初期不良なのか上手く動いてくれず…問い合わせをしてみなければいけません。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ