子供とお手伝い:自分でやったほうが早いという誘惑

a6e0179f-0686-42c5-a232-6d00e5884e3f

子供とお手伝い。自分でやったほうが早いという場合も少なくありません。ただ、それではできるようにはなりませんよね。

子供とお手伝い

小2と小4男子のわが家。

子供には、

手伝ってよ〜

と言うことがほとんどですが、

子供から

手伝いたい!

ということも(まれにですが)あります。

そんな時は、もちろん手伝ってもらいたい。

でも、そういったお手伝いは、

いつものお手伝いよりちょっとレベルが高いこと

が多いんですよね。

ある誘惑

いつもよりちょっとレベルが高いお手伝いをしてもらうとき、ある誘惑があります。

それは、

自分でやったほうが早い

という誘惑。

ちょっとレベルが高いお手伝いは、そのやり方を教えるほうが大変です。

自分でやったほうが、時間もストレスも減ることがあります。

ただ、それではいつまでたってもできるようにはなりませんよね。

できるようになるには

できるようになるには、

なぜ、そういったやり方をするのか?

まで教えなければいけません。

少し面倒に感じても、子供には、そうやっておく意味やその効果を実感してもらう必要があります。

そのためには、

できるまで待つ

ことをしなければいけません。

思わず手を出したくなるのですが、ぐっと我慢。

自分でやったほうが早いという誘惑と戦わなければいけません(^^)

まとめ

子供にお手伝いをしてもらうとき。

自分でやったほうが早いという誘惑と戦わなければいけません。

そうしなければ、いつまでたっても自分たちでできるようにはなりませんよね。

いずれは、子供たち自身が、自分でやったほうが早いと思えるようにしなければいけません。

これは、「してあげる」価値ではなく、「できるようになる」価値を提供していきたいという私の仕事においても同じことです。

税理士にやってもらうより、自分でやったほうが早い。

そう思っていただけるよう本当にお届けしたい価値にフォーカスできるよう心がけています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、終日出張。はじめての場所でした。キョロキョロと色々なところを見て回るのが好きです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ