速い球と打ちにくい球:いい投手だと言われるのは…

e60d022f-f455-4fa3-92d2-10fc900a37ae速い球を投げるだけでなく、打ちにくい球を投げなければ、いい投手だと言われることはありません。

速い球

速い球を投げることができる。

これは、投手として成功したいなら必須の要件かもしれません。

速い球というのは、投手の価値を示すわかりやすい判断基準のひとつです。

特にプロを目指すような投手なら、速い球を投げられるというのは、人との違いを出すための絶対の指標。

ただ、どんなに速い球を投げられたとしても、このような球を投げなければ、いい投手だと言われることはありません。

打ちにくい球

投手にとっての、一番の価値。

それは「点をとられない」ことです。

速い球を投げることができるというのは、その価値にたどりつくためのひとつの要素でしかありません。

速い球を投げること

点をとられないこと

は、イコールではないからです。

では、点をとられないようにするためにするべきことは何か?

それは、打ちにくい球を投げることです。

いいと言われる投手は

いいと言われる投手は、速い球を投げるのではなく、打ちにくい球を投げる。

そのために、

・球種

・駆け引き

・ゲーム運び

たくさんの要素を、トータルでコントロールする力が必要になってきます。

点をとられないという価値につなげる。

そのためにできることをやっている投手が、最終的にはいいと言われる投手です

まとめ

いい投手は、速い球を投げるのではなく、打ちにくい球を投げる。

それは、点をとられないことに価値があるとわかっているからです。

これは、事業(ビジネス)においても同じこと。

速い球をなげることだけにこだわっていないか?

自身の仕事にも振り返って考えてみなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

いただいた猪肉でぼたん鍋。すこしクセがありますが美味しかったです。子供たちも夢中で食べていました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ