ちょうどいいに合わせる:賞味期限より美味しく飲める期間が知りたい

e2643c14-907d-4817-bc80-7f328e4befd6

ちょうどいいに合わせること。賞味期限ではなく、美味しく飲める期間が知りたいです。

賞味期限と美味しく飲める期間

コーヒー豆を購入するとき
一番気になるのが、

焙煎日

です。

コーヒーは、
いつ焙煎してあるかによって
美味しく飲める期間が
決まってきます。

ですので、
焙煎日を聞いて

◯◯日です。
だから3週間ぐらいは大丈夫ですよ。

と即答されると、

聞きたかったこととちょっと違うんだけどな〜

と思ってしまいます。

いつまで大丈夫か?

ではなく、

いつなら美味しく飲めるのか?

が知りたいからです。

2つの期間の違い

いつまで大丈夫か?

いつなら美味しく飲めるのか?

は、同じようで違います。

具体的にいうと、

いつまで大丈夫か?
は賞味期限であり、
今日から3週間後までを指します。

いつなら美味しく飲めるか?
は美味しく飲める期間で、
焙煎日の3日後から15日頃までを言います。
(豆によって違います)

ちょうどいいはどこにあるのか?

この2つの期間には大きな違いがあります。

あなたのちょうどいいに合わせる

いつまで大丈夫か?

いつなら美味しく飲めるのか?

という2つの期間の大きな違い。

コーヒーに限らず、
どのような商品・サービスであっても、
いつまで大丈夫か?だけでなく、

・いつならいい状態か

・自分のちょうどいいがどこにあるか

知ることができたらいいですよね。

スモールビジネスなら、

あなたのちょうどいいに合わせる

ことが可能です。

パッケージされたものには限界があり、
いつまで大丈夫か?
を伝えることがやっとです。

でも、
直接手渡しでお届けできるものなら

・いつならいい状態か

・あなたのちょうどいいがどこにあるか

お伝えしながら、渡すことができます。

スモールビジネスの特徴であり、
生かさないともったいないポイントですね。

まとめ

どんな商品・サービスであっても、
それぞれのユーザーに
それぞれのちょうどいいがあるはずです。

この

それぞれのちょうどいいに合わせること

スモールビジネスなら可能ですし、
生かさないともったいないポイントです。

賞味期限(大丈夫)
だけでなく
美味しく飲める期間(ちょうどいい)
をお届けできるようにしましょう。

これは、税理士である私の仕事にも言えることです。

どのような事業、会社、個人であっても、
それぞれの目指すところは違います。

そのため、
それぞれの事業に合ったちょうどいい
を探し続けることは欠かすことができません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中打ち合わせ、午後にアポイントが1件。その後、子供たちのプールというスケジュールでした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ