経営と数字:成果までルーティン化しない

eb7edbd1-57be-4c94-b198-f4c84fea0eb1

成果までルーティン化していませんか。

ルーティン

ルーティンとは、

・決められた一連の動き

・きまりきった仕事や作業

を指していいます。

スポーツ選手が、
勝負どころで見せる
パフォーマンスとしても
有名になりました。

決められた一連の動きをすることで、
心の平静を取り戻し、
平常時と同じパフォーマンスが出せる。

そういった効果があると言われています。

ただ、経営と数字については、
こういったものまでルーティン化してはいけません。

成果をルーティン化

昨年の売上は100だった。
今年の売上目標は105で、5%増にする!

あれ?

そういえば去年も確か5%増だったような…

こういった話に心当たりがあれば、
その5%増は、ルーティン化された5%増かもしれません。

成果をルーティン化している状態です。

成果と変化

成果が変化するためには、
その要因となることが必要です。

単純に、

目標5%増!

と言うだけでは、
売上は5%増にはなりません。

その要因が働いてはじめて、
売上は5%増に変化します。

そのため、
5%増になる事実よりも、
その要因のほうが重要です。

どのような成果を残したいか?

そのために、

成果を裏付ける要因があるか?

5%増の目標があるから、
5%増になった訳ではなく、
ある要因によって成果があがり、
結果として5%増になる。

その順番を意識しておくことが必要です。

まとめ

経営と数字

成果までルーティン化しない。

本来、成果は要因によって変化するものです。

5%増の目標は、
「いつも通りの目標」
になっていませんか。

確かにルーティン化すれば、
気持ちがラクになり、
本来の力が発揮できるようになるかもしれません。

ただ、経営と数字については、
ルーティン化に馴染まないものがある。

意識しておきたいところです。

 

 

 

◉編集後記◉

パートナーから晩御飯メニュー提案をされる前に、すでに同じメニューを作り始めていたというちょっとした奇跡(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ