昨日のために今日働くか:明日のために今日働くか

 

46236c83-b95b-4454-8582-964a742e383e

昨日のためにやっている仕事か。明日のためにやっている仕事か。です。

貧者と富者

貧者は昨日のために今日勤め、

富者は明日のために今日勤める。

二宮尊徳著 児玉幸多訳
『二宮翁夜話』にある一節です。

薪を背負って本を読む像で有名な二宮尊徳(金次郎)

ビジネスパーソンに響く言葉をたくさん残しています。

道徳のない経済は罪悪だが、

経済のない道徳は寝言だ。

など、
いつ聞いてもしびれますね。

昨日のためか明日のためか

どんな人にとっても、

「今日働く」

という事実は、共通しています。

それが、

昨日のためか?

明日のためか?

今ある目の前の仕事で、
いっぱいいっぱいになっていると、

今日やっている仕事は、

昨日のため?

明日のため?

そういったことを考える余裕もありません。

時間管理のマトリックス

スティーブン・R・コヴィー著
『7つの習慣』にある時間管理のマトリックス

基本的な時間の使い方は、4つの領域に区分されていると定義しています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-18-52-52

このうちの赤く塗られている
「重要だが、緊急ではない」領域にある時間の使い方

具体的には、

・新しい機会を見つける

・人間関係づくりをする

・心身をリラックスさせる

・自分の能力を高める

そういった活動があげられています。

これが、前述した

貧者は昨日のために今日勤め、

富者は明日のために今日勤める。

につながります。

明日のためにする仕事を
増やしていかなければいけません。

まとめ

貧者は昨日のために今日勤め、

富者は明日のために今日勤める。

今日やっている仕事は、

昨日のためにやっている仕事か?

明日のためにやっている仕事か?

その視点・意識の違いを、痛感させられる言葉です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中事務所内作業。午後から来客という一日。明日のための仕事をする意識を持って仕事に取り組みます。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ