男親・父親として:保護者会(PTA)参加で気をつけていること

e80438da-e5c0-4400-a323-4eb4e7a1ce43

子供のことをしていると保護者会(PTA)への参加は必須です。

保護者会(PTA)

・PTA

・スポーツ少年団

・地域活動

・学童保育

子供がいると
いわゆる「保護者会」への参加は必須です。

共働きのわが家

パートナーがフルタイム勤務ということもあり、
8割ぐらいの保護者会には、時間に融通がきく私が参加しています。

違和感アリ?

住んでいるところが田舎なので
特にその傾向があるのかもしれませんが、

「保護者会」というと、

必然的に

お母さん方の集まり

になります。

そのため、

お母さん方の集まりの中に私ひとり

ということもしばしば。

やっぱり違和感はありますよね^^;

そういったときに、
気をつけていることがあります。

普通であること

女親ばかりのコミュニティの中に
ひとりだけの男親

そういったときに
気をつけていることは、

普通であれ

ということです。

参加しているのは、
あくまでいち保護者。

そういったところで、
男親の存在感を出す必要はありません。

ここでまとめなければ…

とか、

しっかりしたところを見せなければ…

など。

もちろん、
いち保護者として意見を言うことはありますが、

男親だから特別

という訳ではありません。

普通のことを、普通に言うだけです。

それは、
女親であっても
それぞれの立ち位置があるように
あくまで、

色々な親がいる中の一人

だということです。

まとめ

男親・父親として参加する保護者会(PTA)

私は、

普通であること

に気をつけています。

母親中心のコミュニティだからと
男親としての存在感を出す必要はありません。

あくまで、いち保護者。

色々な親がいる中の一人です。

ただ、
いつも保護者会に参加していると

きょうさい(恐妻)組合に入ってるんですか?

と聞かれることがあります(^^)

それは…

そうかもしれません!

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午後から真庭市美甘地域へ家族で紅葉狩りに。車で約30分で非日常世界にトリップ。恵まれた環境です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ