2点目以降20%OFF!:いちばん割引金額が大きくなる買い方は…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-18-06-54

2点目以降20%OFF!魅力的ですね。どういった買い方をすれば、割引額がいちばん大きくなるのでしょうか。

2点目以降20%OFF!

これはお得!

この機会に買っときゃなきゃ

でも、
よくよく考えるといくら割引になっているのか
?ということがありませんか。

この

2点目以降20%OFF!

という商品の売り方

上手く考えてあるのは、
金額がいちばん高い品物が1点目になる
という点です。

この点を考慮しつつ、
いちばん割引金額が大きくなる買い方を考えてみました。

まずは総額を決める

まずは、
商品に使う金額の総額を決めます。

この総額を動かしてしまうと、
比較ができません。

基本のことですが、
欲しい物に目がいくと、
意外とこの総額を動かしてしまっている
ということがあります。

まずは、商品に使う金額の総額を決め、
それを動かさないように意識してみてください。

ここでは、商品に使う金額の総額を1万円としてみてみます。

いちばん割引金額が大きくなる買い方

5つのパターンで考えてみます。

①5,000円・5,000円

2点目以降の商品を買うときの割引額は、

5,000☓20%=1,000円

総額から見た割引率は、10%です。

②4,000円・3,000円・3,000円

2点目以降の商品を買うときの割引額は、

(3,000+3,000)☓20%=1,200円

総額から見た割引率は、12%。

③2,500円・2,500円・2,500円・2,500円

2点目以降の商品を買うときの割引額は、

(2,500+2,500+2,500)☓20%=1,500円

総額から見た割引率15%。

④2,000円・2,000円・2,000円・2,000円・2,000円

2点目以降の商品を買うときの割引額は、

(2,000+2,000+2,000+2,000)☓20%=1,600円

総額から見た割引率16%

⑤1,000円☓10点

2点目以降の商品を買うときの割引額は、

1,000☓9☓20%=1,800円

総額から見た割引率は、18%です。

まとめ

2点目以降20%OFF!の
いちばん割引金額が大きくなる買い方

ポイントは、

1点目の品物の単価をなるべく少ない金額に設定し、
組み合わせる1点目と2点目の品物の単価を近づけてやること

です。

そりゃあ、そうだよな〜
という感じですが、

意外と意識せずに買いに走る

ということがあるかもしれません。

参考になれば幸いです。

 

 

◉編集後記◉

サッカーの試合のための会場整備。ライン引きのお手伝いをしました。これが意外と難しい…油断すると縦横が合わなくなってきます^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ