とにかくやってみようという根拠:1つでも事例を持っている人が強い

6373d341-583f-4a77-93c0-f4d7233196a6

「とにかくやってみましょう」という根拠は、ここにあります。

とにかくやってみよう

・状況が良くなるまで

・環境が整うまで

・裏付けがとれるまで

・十分な準備ができるまで

何かをはじめるときは、そういった
「やってみる」理由を求めてしまいます。

でも、

とにかくやってみよう

という根拠。

それは、
やってみることが、
1つの事例になるからです。

ベストなタイミングって

何かをやってみるとき、
ベストなタイミングを待っているんだ
という人は多くいるのではないでしょうか。

もちろん、
そのベストなタイミングが
具体的に決まっていれば何の問題もありません。

その決まっているタイミングに合わせて
行動するだけです。

でも、
ベストなタイミングをただ待っている
というだけの場合は、

とにかくやってみましょう。
やってみないとわからないじゃないですか。

とお伝えしています。

もちろん、
それだけでは無責任なのかもしれません。

でも、やってみるだけで、
少なくともこういった人になることができます。

事例を持っている人

やってみて、
たとえ上手くいかなかったとしても、
その人は、

事例を持っている人

になります。

大雨の中のイベント。

やらずに別のタイミングを待てばいいのに…

でも、やることによって、
その人は、

大雨の中でのイベントをやりきった

という事例を持っている人になります。

その中で学べることは、
少なからずあるはずです。

多くの事例を持っていることは、
その人を強くします。

まとめ

とにかくやってみようという根拠

どんなに上手くいかなかったことでも、
その人は、

事例を持っている人

になります。

その事例が、
役に立つときはきっと来ます。

とにかくやってみましょう(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、税理士☓ブロガー☓地方「本ものの自分メディア」をつくるブログセミナーを開催。貴重な経験になりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ