フリーランス・個人事業主の確定申告書の提出:マイナンバーは記載だけじゃなく提示が必要

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-9-00-45

2016(平成28)年分からフリーランス・個人事業主の方が提出する確定申告書には、マイナンバーの記載に加えて提示が必要です。

マイナンバーの提示

2016(平成28)年分から、
フリーランス・個人事業主の方が提出する
確定申告書や関連する申請書については、

マイナンバーの記載

が必要になっています。

それに加えて必要なのが、

マイナンバーの提示(本人確認書類の提示又は写しの添付)

どのように対応しておけばいいのか?
まとめてみました。

記載と提示の違い

「記載」は、
確定申告書や申請書にマイナンバーを記入しておくことです。

一方、

「提示」は、
そのマイナンバーが正しいかどうかを提出時に示すことです。

一見すると同じようですが、
「記載」と「提示」
2つの行動が必要になります。

※ここでは、単純化するために「提示」としましたが、
本来は、「本人確認のための書類の提示(又は添付)」です。

提示と添付は、税務署に

・持参して提出するか

・郵送で提出するか

で違います。

最後にまとめてあります。

e-Taxなら

e-Taxで個人の確定申告書や申請書などを提出するなら、
マイナンバーの提示は、不要です。

フリーランス・個人事業主の方が、
個人の確定申告書や申請書などをe-Taxで送信するためには、

マイナンバーカード

が必要になります。

このマイナンバーカードを使用して、
送信する行為自体が、

マイナンバーを提示したこと

と同じことになります。

まとめ

マイナンバーの提示について、提出方法別にまとめるとこのようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-8-54-48

いずれにしても、2016(平成28)年分から、
フリーランス・個人事業主が提出する個人の確定申告書や申請書などには、
マイナンバーの「記載」だけでなく「提示」が必要になります。

提出時に慌てることがないよう
「提示」についても早めに確認してみてください。

個人的には、持参の場合であっても写しを持って行くほうが、
受付時にはスムーズに対応してもらえれるのではないかと思います
(税務署ごとの対応によって変わります)。

 

 

◉編集後記◉

長男(小4)が唄っている鼻歌。何の曲かなと思っていたら、ハナレグミさんの『深呼吸』でした。なんだかいい感じ。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ