ブログは畑を耕すイメージ:何を蒔いてもいいけれど手をかけないと育たない

7be737bd-757b-4c0d-a6b1-6263b75c0c72

ブログって畑を耕すイメージが、ぴったりです。

畑を耕すイメージ

中山間地域の岡山県真庭市
いたるところに、田畑が広がっています。

先日開催したブログセミナー

その時に私と一緒に講師をしていただいた
ブロガーのヒラノさんが話されていた

ブログは畑を耕すイメージ

という話が、
とても印象的で納得できるお話でした。

何の種を蒔いてもいい

ブログ=畑

だとすると、

自分のブログ=自分の畑

です。

そこには、
何の種(たね)を蒔いてもかまいません。

種というのは、
いわゆるブログネタというやつですね。

ブログネタは何でもいい。

ただ、
好きな種を蒔いたほうが、
その芽が出る確率は高く、

どの種が芽を出すかわからない

というのもブログ=畑
の魅力のひとつです。

思いもよらないものが芽を出して、
想像以上の実りをもたらしてくれる
ということもあります。

手をかけないと

ただ、一方で、

蒔いた種=ブログネタ

は、手をかけないと育ちません。

放っておくと、
野菜や果物と同じように
そのまま腐ったり、
成長が止まってしまったり…

普段、何気なく
スーパーやコンビニで手にしている
野菜や果物には、

どれだけの手がかかっているのか?

わかってはいても、
忘れがちなことです。

まとめ

ブログは畑を耕すイメージ

自分のブログ=畑には、
何の種を蒔いてもかまいません。

ただ、
せっかく出てきた芽も、
手をかけないと育ってはくれません。

どの種が芽を出すかわからない
という不確実性がありますが、
手をかけてやれば、
どんなものであっても育ってくれる。

そういった可能性もあります。

畑をコツコツ耕して、
芽が出なかったらまた蒔いて、
ブログを続けていきましょう(^^)/

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中クライアント訪問。午後から子供たちの授業参観という一日。二人ともがんばってました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ