しがらみは:本来、川の勢いを緩めてわれわれの生活を守るもの


しがらみのない世界で生きていきたい。ずっとそう思っていました。

しがらみ

・職場

・学校

・家族

・友人

人は色々な場所で
様々な「しがらみ」をかかえて
生きています。

しがらみは、
場所だけでなく

・過去

・立場

・実績

など、
時間や状況によるものも、
あったりしますね。

邪魔なだけ

・次の行動にうつすとき

・何か新しいことをはじめるとき

ほとんどの場面で、
しがらみが邪魔をします。

・前はこうだった

・みんなそうしている

・そんな話聞いたことがない

・過去にそんな人はいなかった

・必ず失敗する

こういったよくある話がどんどん出てきます。

そういったしがらみは、

邪魔なだけ

というのが本音です。

放っといてくれ

というのもありますね。

ただ、しがらみには、
こんな意味もありました。

勢いを緩めて守るもの

しがらみは、
漢字で書くと「柵」となり、

本来は、

川の勢いを緩めて

われわれの生活を守るもの

という意味があります。

しがらみがあることで、
時に暴走し、加速する
言動や行動を制限し、

・従来の考え方や知恵を残せる

・伝統や文化が継承される

・自分や家族の生活が守られる

そういった考え方もあります。

邪魔だからという理由だけで、

「しがらみ」=ワルモノ

という認識になってしまってはいけませんね。

まとめ

しがらみは、邪魔なだけ。

でも、
しがらみは本来、

川の勢いを緩めて

われわれの生活を守るもの

でした。

しがらみ自体が、
ワルモノな訳ではありません。

加速する言動や行動をスローダウンさせ、
自分たちの生活を守るための知恵となる

そう考えると、
しがらみも悪いばかりではありませんね。

ただ、理由もなく、
感情だけでしがらみを使い
足を引っ張ろうとする人。

そういった人もいますので、
気をつけなければいけません。

もちろん、
全力で拒否する準備はできていますが。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午後から個別アポイントが1件。山の上に佇むすごく景色のいいところ。真庭市にもまだまだ知らないスポットがありますね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ