家庭が上手くいくちょっとしたコツかも?:苦手な家事は任される

 

お風呂そうじが苦手です。

メガネ主夫の天敵

20年以上メガネをかけ続けている私

当然、視力も低下しているので、
メガネが見当たらない時は、

メガネ探す用のメガネがないと、
見当たらなくなったメガネを探せない

というぐらい
ややこしい状態です(^^)

そんなメガネ主夫の天敵。

それが、

お風呂そうじ

です。

曇って見えにくいので、
メガネをはずして掃除をするのですが、
メガネをはずしてしまうと、
そもそもどこが汚れているのかわかりません。

やろうと思えば、
できない訳ではないのですが、
ちょっと苦手な家事です。

苦手な家事

そんなメガネ主夫

ほとんどの家事はこなしますが、
お風呂そうじだけは、
パートナーに任せています。

理由は前述した通り。

とても効率が悪いからです。

そういった

パートナーが
苦手な家事を任されること

家庭が上手くいく
ちょっとしたコツかもしれません。

苦手なら効果は倍

なんでもこなす
スーパー主婦(夫)であっても、
苦手な家事はあります。

普段から、
できるときは観察したり、
注意深く話を聞く。

そうやって見つけた苦手そうな家事を、
ひとつでいいから任される。

それがひとつあるだけで、
やってもらってるから感が、
すごくあります。

気がついたときや、
できるときはやってあげるよ

という姿勢より、
嬉しいかもしれません。

主夫としての実感です(^^)

まとめ

パートナーが、
苦手な家事は任される。

家庭が上手くいく
ちょっとしたコツかもしれません。

どんなことにも苦手なことがあります。

それを観察して、
フォローしてあげると
効果絶大。

気まぐれにお手伝い
するよりも、
何倍も効果がありますよ。

主夫の実感なので、
間違いありません(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、家族で岡山市内へ。昼食はビュッフェ形式だったので、食べ過ぎて午後から動くのが苦しいという…


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ