そのものでなくてもいい:本物には本物のインパクトがある

そのものでなくてもいい。本物には本物のインパクトがあります。

美しすぎる山

次男が、
見たい映画があると言うので、
鳥取県米子市に行ってきました。

私が住んでいる岡山県真庭市
また、その周辺一帯の岡山県北部
と呼ばれる地域には映画館がありません。

そのため、
岡山県北部に住む人たちが映画を見る場合は、
岡山県南部か鳥取県に行くというのが定番です。

今回は、鳥取県を選択。

中国山地を
日本海に向けて縦断することになるのですが、
その途中で見た山が美しすぎました。

この記事の写真が、その山です。

これ、
富士山ではありません。

鳥取県西部に位置する
中国地方で一番高い山

大山(だいせん)という山です。

そのものでなくてもいい

この日見た大山

本当に美しすぎました。

富士山より良いかも?

そんな気さえしました。

もちろん、
富士山が日本一美しい山だ
ということは知っています。

比べてみれば、
圧倒的な差があるのかもしれません。

それでも、

そのものでなくてもいい

そのぐらい
この日の大山は美しすぎました。

本物のインパクト

なぜ、
この日の大山が
それほど良かったのか?

富士山そのものでなくてもいい
とまで思えたのか?

それは、

その美しさが
本物であったから

です。

そのものであるかどうか
という前に、

本物のインパクト

にやられてしまう。

そうなると、それが
そのものであるかどうかは
ほとんど気にならなくなります。

正に本物が持つ力です。

まとめ

そのものでなくてもいい。

本物には本物のインパクトがある。

「二番煎じ」

という言葉がありますが、
そのものであるかどうかが気にならないくらいの

本物のインパクトを持つ

そうすれば、
どんなものでも
完全なオリジナルになる。

そういったことを大山に
考えさせられた日でした。

 

 

◉編集後記◉

この日の午後は、鳥取県琴浦町の鳴り石の浜に。こちらも素晴らしくよかったです。サーフィンをやっていて、みんな楽しんでいて、時間もゆっくり流れてて、山陰何かいいなと思いました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ