やりたいことを先に決め:人は後から用意する

自分がやりたいことを先に決めておくことが、人材の確保には必要なことです。

やりたいこと

・個人事業主

・会社経営者

・フリーランス

どのような立場であっても、
事業を続けていくためには目的が必要です。

平たく言うと、

自分がやりたいことをやる

ということ。

まずは自分がやりたいことができなければ、
モチベーションを維持することはできません。

人材の確保

どのようなことであっても、
自分がやりたいことをやらなければ、
モチベーションは維持できない。

ただそれが、

自分ひとりで実現可能か?

というと、
そうばかりでもありません。

自分の能力を超えるところには、
それを補ってもらう存在が不可欠です。

特に、
事業や会社を経営していくうえでは、
自身の能力以上の結果を出すことが求められます。

そのための人材。

いい人材を確保することが
経営者の仕事だとも言われているぐらい
人材は事業や会社にとって重要な要素です。

どちらが先か

人材を確保する。

ただ、
いくら人材が必要だからと言っても
その人材は、

自分がやりたいこと

を根っこのところで理解してもらえる
人材でなければいけません。

自分がやりたいことを
理解してもらえる人材ならば、
たとえ時間がかかったとしても、
いい関係は後から築くことができます。

まずは、
自分のやりたいことを伝え、
それを共有する。

どちらが先か?

と言われれば、

やりたいことを先に決め、
人は後から用意する。

になります。

まとめ

やりたいことを先に決め、
人は後から用意する。

事業や会社の規模が順調に拡大しているなら、
どこかのステージで、
それを支えてもらう人材が必要になります。

そのための人材の確保は、
経営者の重要な仕事です。

ただ、
そうそう簡単にはいきませんよね。

いい人材が集まらないと
悩んでいる場合は、

まずは、

・自分のやりたいことを伝えられているか

・それを共有することを意識できているか

自分に矢印を向け、
考えてみることも大事です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、三朝温泉(鳥取県)の日帰り温泉にも。コスパ最強ですが、帰りたくなくなっちゃうのが困りますね^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ