2016(平成28)年下半期は203冊:読んでよかった本5選

2016(平成28)年下半期に読んだ本は203冊。読んでよかった本5選です。

読んでよかった本5選

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』岩崎 夏海


この本を読んで(前作も同じく)、
ドラッカー理論の本質をつかめるのか
というと微妙なのかもしれません。

それでも、
わかりにくいことをわかりやすく読ませる
という点ではやはり秀逸で
学ぶところがたくさんあります。

『拒絶される恐怖を克服するための100日計画』ジア・ジアン|小西 敦子

この本の中にある

「拒絶は決定的事実ではなく、ひとつの個人的意見」

という一節が好きです。

『ふるさとを元気にする仕事』山﨑 亮

地方創生とひとことで言っても
その内容は様々。

コミュニティデザインについて
実践的な立場から体系的に書かれていて、
わかりやすく学べます。

『そこが知りたい電力自由化 自然エネルギーを選べるの?』高橋 真樹

電力自由化については、
知っているようで知らなかった
というのが率直な感想です。

『主夫になろうよ!』佐川 光晴

私の好きな主夫本(^^)

先輩の話は参考になります。

まとめ

2016(平成28)年下半期は203冊

読んでよかった本5選でした。

話題になった本をはじめ、
読んだ本はたくさんありますが、
そういった本はあえてはずして選んでみました。

年末までにもう数冊読む予定ですが、
2016(平成28)年は年間読書数400冊達成です。

2016(平成28)年上半期に読んでよかった本はこちら

 

 

◉編集後記◉

最近よく事務所で流しているBen L’Oncle Soul

良い!


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ