変わらなければ替えられる:変わり続けることが大事

小さな変化を繰り返しながら、変わり続けることが大事です。

変わらなければ替えられる

ちきりんさんの著書『マーケット感覚を身につけよう』

自分の価値を相手にどう知らせるか?

という視点から、
これからの世の中を生き抜いていくために必要な力が、
色々な事例と共にわかり易く説明されています。

その本の最後を締めくくっているのが、
変わらなければ替えられるという章。

「変わる」ことを拒否するモノは、どこかの段階で「替えられて」しまいます。

という一文が染みます。

飽きない良さ

マーケットやビジネスの現場だけでなく「変わる」ことの良さを
身近に実感できるものがあります。

それが、いわゆるおふくろの味。

どんなに有名な料理店、有名シェフの料理であっても、
同じものを食べ続けていると飽きてしまいます。

でも、おふくろの味は毎日食べても飽きません。

なぜ毎日食べても飽きないのか?

それは、おふくろの味が変わり続けているからです。

・共に生きている時季、時間が反映されている

・肌で感じたこと、遠慮なく言われたことが生かされている

毎日、時間とともに自然に変わり続けている。

そのため、飽きることがありません。

変わり続ける良さが、飽きない良さにつながっています。

変わり続けることが大事

「変わる」といっても、

・一発逆転

・一か八か

・大どんでん返し

を狙って、何か新しいことをはじめる
というのとは違います。

大切なのは、

自分に合った答え

日々の小さな変化

です。

小さな変化を繰り返しながら、変わり続ける。

変わり続けることが大事です。

まとめ

変わらなければ替えられる。

続けていくためには、
変わっていかなければいけません。

大きく変化するよりも、
小さな変化を繰り返しながら変わり続ける。

個人的には年のはじめだから目標を立て、
何か新しいことをはじめようという感じではありません。

ただ、

変わり続けることを忘れない。

変わることを恐れない。

それは、私の仕事やマインドのベースにあるものです。

続けていくために必要なことぜんぶ

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

◉編集後記◉

大晦日は、夜更かししても良いという我が家ルールのため、はりきる子供たち。ぐだぐだになりながらも11時すぎまで粘ってました(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ