ブログの懐の深さ:ブログは「待ち」が基本なアイテム

年明けからこれまで、自分の考え方や視点についての記事ばかり書いてきました。

考え方や視点

他人の考え方や視点、思考から学ぶことは多いです。

私も、同業者の方をはじめ
多くの方のブログを読んで、

深くうなづいたり

膝をうったり

時には鳥肌を立てたりしています。

年始ということもあり、私もここ数日間は、
自分の考え方や視点、思考(カテゴリ:考え方・視点)の記事ばかり書いてきました。

でも、毎日これだとちょっとしんどいかもしれませんね^^;

それでも書きたいから書くし、特に気にもならない。

それがブログの懐の深さだといえます。

SNSならしんどい…かも?

前述した通り、
他人の考え方や視点、思考からは多くのことを学べます。

でも、SNS(FacebookやTwitterなど)で
毎日流れてくると読むのがしんどいかもしれません。

・いつも「いいね!」をしてるから

・コメントを求められているような…

そういったことを思うとなおさらです。

今はそんな気分じゃないということもあるでしょう。

ひょっとすると、
とりあえず「いいね!」だけ押しとけということもあるかもしれません。

ブログの懐の深さ

ブログには、

・読むことを求めない

・読んでも読まなくてもいい

という懐の深さがあります。

さらに、

・今は読みたくないけど、いつか読みたいタイミングが来るかもしれない

という時間や心の余裕にも対応することができます。

そういったものが蓄積されていることが、ブログの魅力のひとつです。

ブログの懐の深さは、読み手と書き手、両方を助けます。

まとめ

ブログの懐の深さ

ブログは「待ち」の姿勢が基本です。

そのため、若干(?)押しの弱い私にはぴったりのアイテム。

自分を発信してみたいけど、押し付けるのはちょっとという方に向いています。

もちろん、読まれるため、読みやすくするための工夫は必要です。

やなり読まれないとモチベーションは下がりますので…

そういった工夫を試行錯誤するのもブログの面白さだといえます。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中事務所内作業。午後からはとあるプロジェクト(プライベートです)のため子供たちと動きました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ