親から子に3,000万円渡すと:いったい何が起きるのか

親から子に3,000万円渡す。どのようなことを考えておかなければいけないのでしょうか。

親から子に3,000万円

たまたま(にしては額が大きすぎるかもしれませんが)
持っていた3,000万円を子供に渡す。

このお金には贈与税がかかります。

タダでもらったものには、税金がかかる。

これが贈与税の基本的な考え方です。

税金(贈与税)のかかり方には2種類あり、
どちらかを選択することになります。

贈与税のかかり方は2つ

贈与税のかかり方は、この2つ。

1.暦年贈与(れきねんかぜい)

2.相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)

どちらかよいほうを選択すればいいことになっています。

ただし、2.相続時精算課税には一定の要件があり、
それを満たしていなければ適用が受けられません。

また、贈与そのものが形式的なものになってはいけません。

・贈与契約書

・どのように渡したかその経緯がわかるもの

などの周辺の整備をしておくことも必要です。

どちらにしても、3,000万円のお金を贈与するということになれば、
ある程度の税金は覚悟しておかなければいけません。

多額のお金を贈与するので、当然と言えば当然です…

ただ、このような規定もあるのが、贈与税の面白いところです。

非課税財産

タダでもらったものには、税金がかかる。

それが贈与税の基本的な考え方です。

一方で、
タダでもらったものでも一定のものには税金がかからない
という規定も設けられています(非課税財産)。

そのうちのひとつが、

扶養義務者相互間の生活費・教育費

です。

子供の生活費や教育費。

もし、大学まで進学することを望むなら、すべて私立なら3,000万円以上、
国公立でも1,000万〜1,500万円ものお金がかかると言われています。

これをみて、あれ?と思われた方は、勘のいい方です。

これってお金を3,000万円渡すのと同じなんじゃないの?と。

ここで生きてくるのが、前述した非課税財産の規定。

タダでもらったものには、税金がかかるというのが基本ですが、
子供を育てるためのお金には、税金はかからないという非課税財産の規定が適用されます。

まとめ

親から子に3,000万円渡すと、いったい何が起きるのか。

タダでもらったものには、
税金がかかるというのが贈与税の基本的な考え方です。

一方で、非課税財産というものも存在します。

子供の生活費や教育費に贈与税がかからないのは、
この規定によるためです。

ただし、まとめてお金を渡すような場合は、
そのような説明は通りません(教育資金の一括贈与のような手立てはあります)。

よっぽどの理由がない限りは、
多額の現金をまとめて贈与するというようなことは避けておくべきですね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのサッカーの試合。雨の中でしたが頑張りました。夜は、家族でパートナーの誕生日会。サプライズありの楽しい時間になりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ