WordPressテーマ・ブログの作り方で:失敗したなあと思ったこと

始めてから1年半が経つブログ。作り方で失敗したなあと思ったことです。

ブログの作り方

今(2017.1.15)読んでいただいているブログは、WordPressで作成しています。

WordPressは、ブログやHPを作成するためのプラットフォーム。

Web制作の専門的な知識がなくても、
WordPressをサーバーにインストールするだけで、
サイトを作ることができブラウザ*上で更新作業を行うことが可能です。

*MicrosoftのInternet Explorer(インターネット・エクスプローラー)に代表されるインターネットの閲覧用ソフトのことをいいます。

このWordPressには「テーマ」というものが用意されています。

サイトを一から作るのは大変なので、
ある程度の型(カタ)をWordPressのほうで用意してくれいているという訳です。

有料・無料、その数は豊富にありますので、
数あるテーマの中から自分好みのものを選んで、自分のサイトを作っていきます。

テーマに合わせていた

前述した「テーマ」

私がブログを始めた当初使っていたテーマは「twenty fifteen」という
WordPressの公式テーマとして無料で用意されているものでした。

現在(2016.1.15)は、
有料の「Folclore」というテーマを使用しています。

この「Folclore」は、
シンプルかつ色々なメニュー画面が設定できるのが魅力です。

当初使っていた「twenty fifteen」も、
記事を書くという点では不満はありませんでした。

むしろ、ブログに特化したテーマで
記事が見やすいという利点もあります。

ただ、写真表示が大きすぎるというのが難点で
もっと記事を一覧で表示したいという私の使い方に合っていないところもありました。

そのため、このように

【WordPressの投稿画面】

【サイト(PC)での実際の見え方】

 

写真表示を小さくし、本来の【写真】が表示される部分に【写真+前段テキスト】が表示されるよう加工していました。

そのため、テーマを変えるとこのようにちょっと不格好な表示になります。

 

少しずつ直してはいますが、多くの過去記事に手が届いていない状況です。

ちなみに直すとこのような表示になります。

スタンダードに作る

この経験から、ブログの作り方として

スタンダードに作る

ことも大切だということがわかりました。

変化に対応できるようにするためです。

前述したことは、
私が自己流で無理矢理に変えることをした結果です。

もうちょっと下調べをすれば、
別のやり方があったかもしれませんね。

これも勉強になりました。

まとめ

WordPressテーマ・ブログの作り方で、
失敗したなあと思っていること。

自己流アレンジも良いのですが、
変化に対応できるようスタンダードに作ることも大切です。

加えて、WordPressの使い方については
ネット上に多くの情報が出ています。

基本的なことですが、
きちんと下調べをして取り組むのも大事なことですね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、朝から子供たちと雪遊び。家の庭や周りの田畑で大はしゃぎです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ