添付書類のイメージデータ送信:紙での提出を求められたら…

税務署に提出する添付種類。一定のものはデータ送信してもいいことになっています。2017(平成29)年1月4日からは、さらにその対象が拡大されました。

添付書類のイメージデータ送信

税務署に提出する書類は、

・申告書

・申請、届出書

・添付書類

の3つに大別されます。

そのうちの添付書類

従前は、紙で郵送もしくは
窓口に持参して提出しなければいけませんでした。

現在(2017.1.25)は、多くのものが
PDF形式によるイメージデータ送信も可能になっています。

2017(平成29)年1月4日から対象拡大

前述したPDF形式によるイメージデータ送信

2017(平成29)年1月4日から、さらにその対象が拡大されています。

具体的に使えるものとしては、

・住宅ローン控除を受ける際の関係書類

・贈与税の特例を受ける際の戸籍の謄本(全部事項証明書)

・法人設立の際の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)

など。

こちらの

国税庁HP:イメージデータにより提出可能な添付書類❒

にその詳細があります。

紙での提出を求められたら…

申告や申請、届出の際に必要となる添付書類

もし、
会計事務所などに紙での提出を求められ、

・紙で持っていくのが面倒

・郵送にも手間がかかる

と思われたら、

PDFでもOKでは?

と聞いてみるといいかもしれません。

元資料自体は手に入れる必要がありますが、
メール等で対応してもらえれば、
それを持参したり郵送したりする手間が省けます。

まとめ

添付書類のPDF形式によるイメージデータ送信

2017(平成29)年1月4日からは、さらにその対象が広がっています。

会計事務所などに紙での提出を求めれられ、
それが面倒だなと思ったときは、

PDFでもOKでは?

と確認してみてください。

ひと手間省けるかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、朝からお隣の岡山県津山市へ出張。道路の雪や凍結が心配だったので高速道路を使いました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ