アンダーステートメントな決算書:実力がなければただの地味な決算書

アンダーステートメントな決算書にしたいものです。

アンダーステートメント

アンダーステートメント(understatement)は、

・控えめな表現

・上品な表現

を指して言います。

もともとは、
言い回しなどの表現方法を言うようですが、

アンダーステートメント・ファッション

という様にひとつのファッションスタイルを
指して言うこともあります。

アンダーステートメントは特に、
イギリス人が好む表現方法だとも言われています。

控えめで上品な決算書

これを会社や個人事業の
決算書に当てはめてみるとどうなるでしょうか。

アンダーステートメント・決算書です。

アンダーステートメント・ファッションには、

控えめで上品な表現をすることで、逆に好感のもてる印象にする

といったねらいがあります。

これは、
決算書にも同じような効果が期待できますね。

ただ、
こういったことに成りかねないことも
押さえておかなければいけません。

実力がなければただの地味

ファッションの世界では、
アンダーステートメント・ファッションは
難しい表現方法のひとつだと言われています。

それは、

実力がなければただの地味なファッション

になってしまうから。

実力がなければ、
アンダーステートメントになるポイントを
押さえることが難しいためです。

確かに、派手な方がわかりやすいですよね。

これは、前述した決算書でも同じです。

アンダーステートメントな決算書は、
ただの地味な決算書だと言うこともできます。

そのため、ファッションと同じく
実力を兼ね備えていなければいけません。

実力のある決算書には、共通点があります。

それは、

自由度が高い

ということ。

具体的には、

・使い方を選べる「お金」がある

・必要以上の「借入」がない

・「営業利益」(本業)でのもうけが出ている

の3つです。

まとめ

アンダーステートメントな決算書は、
実力がなければただの地味な決算書。

これは、
会社であっても個人事業であっても同じです。

自身・自社の決算書が、

実力のあるアンダーステートメントになっているか?

そういった視点で
決算書を見てみるのも面白いかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、初心者向けブログ作り講座を開催。あらためて自分がブログを書く理由の確認にもなりました。ご参加ありがとうございました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ