「相続放棄」する前に必ず考えるべきこと:「相続分の放棄」との違い

「相続放棄」と「相続分の放棄」誤った認識で、思わぬ事態になることもあります。

こんな話があります

父親が亡くなり、残されたのは

・母親

・自分と弟のきょうだい二人

きようだい同士で話し合い、

父親が残した財産は当然に母親のもの。

自分たちに財産はいらないから、
その証(あかし)として二人で「相続放棄」をしよう!

ということになりました。

「相続放棄」と「相続分の放棄」は別モノ

「相続放棄」は、法的な手続きです。

相続が発生してから3ヶ月以内に
家庭裁判所にその旨を申述して行います。

この手続をとった相続人は、

最初から相続人ではなかった

という取扱いになります。

一方で、

「相続分の放棄」は、意思の表明です。

財産の分け方(遺産分割)のひとつとして、

自分は財産をもらわない分け方を選択した

ということです。

同じように見えますが「相続放棄」と「相続分の放棄」は別モノ。

この2つの違いによって、
思わぬ事態になることもあります。

思わぬ事態に

前述した「こんな話があります」

きょうだい二人で思い描いていた図はこのような図です。

二人で「相続放棄」すれば、
父親が残した財産はすべて母親のものになる予定でした。

ただ、実際にきょうだい二人が「相続放棄」した場合、
図はこのようになってしまいました。

きょうだい二人は
相続人として存在しないことになり、その代わりに
父親のきょうだいである叔父や叔母が相続人に浮上。

母親は、父親のきょうだいである叔父・叔母を交えて、
父親の財産についての話し合いをしなければいけません。

きょうだい二人で思い描いていたこととは、
違ったものになりました。

まとめ

「相続放棄」する前に必ず考えるべきこと

多額の債務があるときなど、
「相続放棄」は、法的手続きとしてとても有効な手段です。

ただ、前述したようにそれによって思わぬ人が相続人となり、
無用なトラブルが発生するという可能性も含んでいます。

「相続放棄」という手段ではなく、
「財産をすべて渡したい」という目的を確認する。

自分たちの相続に「相続放棄」は必要ないかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、ひさびさにすっきりした晴れ。自転車で諸用をこなしていきました。気持ちいいです。寒いけど…(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ