【確定申告】還付申告した還付金を:確実に受け取るための5つのポイント

 

還付申告した還付金は、確実に受け取りましょう。

還付申告

還付申告とは、
給与や報酬などから源泉徴収された所得税や予定納税などの
納めすぎになっている所得税が返金される申告のことをいいます。

ただ、この還付申告

せっかくしたのに、『還付される税金の受取場所』を
きちんと記載していないため、還付金が受け取れないという場合があります。

確実に受け取るための5つのポイントです。

確実に受け取るための5つのポイント

※口座振込により受け取ることを前提にしています。

1.口座番号に誤りがないよう記載する

まずは、単純に
口座番号・記号番号を間違わないように。

よく確認しておきましょう。

2.支店名を確認する

口座がある支店名ではなく、
いつもよく利用している支店の支店名を記載してしまっている。

これも単純なことですが、よくある間違いです。

3.申告書のフリガナと口座名義は同じか

還付金は、申告した本人の口座にしか還付されません。

申告書のフリガナと口座名義は同じになっているか。

確認してみてください。

4.口座名義に「屋号」ついたものを使わない

事業をされている方でしたら、
口座名義に「屋号」がついた口座を利用されていることがあるかもしれません。

「屋号」がついていると本人確認がとりづらい場合があるようです。

できれば、
本人だけの名義の口座を記載されたほうが還付はスムーズです。

5.すでに解約済みの口座を記載していないか

最後は、例年還付申告をしているという方に多い間違いです。

すでに解約してしまっている口座を、
去年記載してあるそのままにしてしまっているということがあります。

確認しておきましょう。

まとめ

還付申告した還付金が受け取れないのは、内容の問題よりも、
『還付される税金の受取場所』の記載誤りである可能性が高いです。

還付申告した還付金を確実に受け取るための5つのポイント

しっかり押さえて、確実に受け取りましょう。

 

 

◉編集後記◉

誕生日にもらったひざ掛け。暖かくていい感じです。もっと早く気がつけばよかった^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ