確定申告のはじめ方①:まずは資料が揃っているか確認するところから

 

揃っていないと余計に時間がかかります。

確定申告をはじめるとき

確定申告をはじめるタイミングは
平均するといつ頃でしょう。

今は、2017(平成29)年の2月中旬です。

・すでに終わっている

・実はこれから

色々なタイミングで
確定申告をはじめられた・はじめられることと思います。

会計ソフトを購入したら…
というはじめかたもあるかもしれません。

ただ、どういったタイミングであれ、
確定申告をはじめるときは、
こういったことに注意しておく必要があります。

とりあえずある資料からは☓

確定申告をはじめるときの注意点

それは、

とりあえずある資料から
はじめてしまわないようにすること

です。

例えば、通帳。

通帳は、最も手に入りやすく、確実性の高い資料です。

そのため、手元に通帳があると
ついまとめたくなってしまう…

でも通帳(預金)は、
現金と密接な関係にある資料です。

現金出納帳もしくはそれに変わるものがなければ、
通帳をまとめる作業は、必ずどこかで止まってしまいます。

作業を止めないようにするには、
現金出納帳もしくはそれに変わるものを揃えておかなければいけません。

まずは揃っているか

確定申告は、
各資料の連携がとれていないと完了しません。

とりあえずある資料から手をつけると、
どこかで作業は止まり、そのまま放置されるということも…

確定申告をはじめるなら、
まずは資料が揃っているか確認するところからはじめましょう。

その場合必要なのが、
確定申告の流れをイメージすることです。

①帳簿の整理

②決算書の作成

③申告書の作成

という全体の大きな流れがありますので、
この流れの中で

・何が必要な資料か

・その資料が揃っているか

確認しておかなければいけません。

まとめ

確定申告のはじめ方

まずは資料が揃っているか確認するところから。

明日以降の記事で、

①帳簿の整理

②決算書の作成

③申告書の作成

それぞれの場面で、
揃えておくべき資料を詳しく解説していきたいと思います。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、長男のサッカーの試合。この雪の中やるの?と思っていたのですがやりました。でも、試合中は日も差していい天気に。みんながんばりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ