私のお気に入りのお店の決めかた:シチュエーションは見えているか

音楽でお気に入りのお店を決める。そうった人は稀だと思いますが。

音楽でお気に入りのお店を決める

このお店が好き!というお気に入りのお店。

お気に入りのお店の判断基準は人それぞれです。

私の場合、

いい感じの音楽がいい感じに流れている

というのがお気に入りのお店を決める大きなポイント。

特に飲食店では、
料理と同じくらい大きな要素を占めていて、

音楽の趣味が合うお店は、料理の趣味も合う

というのが持論です。

私のように音楽でお気に入りのお店を決める
という人は、稀かもしれませんね^^;

ふらりと入ったラーメン屋さん

先日、ふらりと入ったラーメン屋さん。

出張先なので、本当にふらりと入った感じです。

そのお店で流れていたのが、いわゆる洋楽チャートでした。

それだけなら特段問題はないのですが、問題は音量です。

とにかくデカい、デカすぎる…

食事をするには大きすぎる音量で、かなり落ち着きません。

お店が空いていることもあったのですが、

何でこんなに大きいんだろう?

すぐにでもお店を出たいくらいのレベルです。

考えてみるとこんなことが見えてきました。

シチュエーションは見えているか

ラーメン屋さんで流れていた音楽の音量が大きい理由。

それは、働く側の立場で音量を決めているからです。

お客さんの立場では決められていません。

確かに、忙しく立ち働く従業員さんの立場で見ると
好きな音楽が大音量で流れているのはテンションが上がります。

でも、座ってゆっくり食事をしたいお客さんの立場で考えると…

シチュエーションが見えていないとこのようなことが起こります。

誰のシチュエーションに合わせるか。

私の「音楽でお気に入りのお店を決める」というのも、
このシチュエーションが上手く合っているお店が
結果的にお気に入りにのお店になっているとも言えます。

まとめ

私のお気に入りのお店の決めかた。

シチュエーションが上手く合っているお店が
結果的にはお気に入りのお店になっています。

これは、お店だけの話ではありません。

もしかすると、
長々と税金の話なんて聞きたくないシチュエーションかも?

シチュエーションは見えているか。

意識しておかなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのプールの日。温水プールなので内部がミスト状で暖かく、思わずウトウトとしてしまいます^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ