セルフ給油と経理:その先にある本当の価値

セルフ給油と経理。本当の価値はその先にあります。

セルフ給油

セルフ給油とは、
ガソリンスタンドで利用者自らが給油を行うことを言います。

アメリカでは一般的になっていたこの方式。

1990年代後半の消防法改正をきっかけに
日本でもはじめられました。

今では、広く一般に普及してますね。

給油はセルフでしかしない
という方もいらっしゃるほど。

人件費などの削減により、
通常のガソリンスタンド(フルサービスと言います)よりも
値段が安いというのも魅力です。

セルフ給油が普及した理由

セルフ給油は、
消防法の改正をきっかけにはじまりました。

ただ本当のはじまりは、

安全装置などの技術面が向上したこと

にあります。

技術面での向上があった

それを受けて消防法が改正された

セルフ給油がはじまった

そう考えたほうがいいでしょう。

誰でも安全に気軽に給油ができるようになったこと。

これが、
セルフ給油が認められ、広く一般に普及した理由です。

経理でも同じことが

一方の経理は、経営管理。

お金を管理し、
事業の業績とお金の流れを把握することを言います。

この経理も、
セルフ(自分で)行うことができます。

技術面の向上については、
経理でも同じことが起こっているからです。

誰でも安全に気軽に経理ができる。

そういう時代です。

まとめ

セルフ給油と経理は、
誰でも安全に気軽にできる時代になりました。

だから、給油も経理もセルフで!

という結論になるのですが、
セルフ給油にはできないこともありますね。

例えば、
給油に来た車を見て

・異常がないかチェックする

・その異常に気づく

・その異常に合わせた適切なアドバイスをする

さらにその先の

・その車に乗るメリット、デメリットを考える

・新しい車の乗り方、使い方、楽しさの提案をする

こういった価値は、
セルフ給油では提供することができない価値です。

これは、経理も同じこと。

セルフ経理のその先に
税理士が提供できる本当の価値があります。

 

 

◉編集後記◉

昼間の陽気も、朝晩は冷えるといった感じです。今朝は雪もうっすらと…体調を崩さないように注意です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ