参加レポート:ツール・ド・小豆島 第6回オリーブサイクリング

ツール・ド・小豆島 第6回オリーブサイクリングに参加してきました。

ツール・ド・小豆島 第6回オリーブサイクリング

近頃、自転車が盛り上がっているという噂の小豆島。

ツール・ド・小豆島 第6回オリーブサイクリングは、
岡山のバス会社両備バスが企画・実施しているサイクリングイベントです。

イベントなので、タイム測定や順位のつくものではありません。

瀬戸内海の島々の景色を、ゆっくりと楽しみながら走ります。

ただ、「ゆっくりと」とは言っても、
島の一周約90kmを自転車で走破するこのイベント。

かなり力がいりました(^^)

※56.81kmを走る観光コースも用意されています。

昨年(2016)の10月に参加した「ファンライド鏡野2016

その時は約60km、今回は約90km。

体力的には、かなりきつかったです。

アップダウンを繰り返す海岸線。

給水や休憩、食事などのタイミングを間違えると
自転車をこぐ足は自然と止まってしまいます。

特に初心者の方は、
自転車に少し慣れた方と走られることをおススメします。

当日のスケジュール

7:20発 新岡山港〜土庄港(フェリー)

新岡山港までは、自宅から車で。

港には無料の駐車場が用意されていました(看板があったらしいのですが、私は気がつかず、有料(1日500円)の駐車場へ)。

フェリーの乗船には、人+自転車分の料金が必要です。

片道大人1,050円+自転車310円=1,360円(参加者には割引(1割)があります)

持ち込まれた自転車は、このように整理され、いざ小豆島へ。

8:30受付開始→順次スタート

出発地点のオーキドホテルには、
サイクルステーションがあり、出発前の準備や着替えができます。

クロークでの手荷物預りもありました。

いよいよ出発です。

この日は天気が良く、海岸線と瀬戸内海の島々を堪能できました。

 

昼食は、各自が自由にとります。

こちらは、エイドステーションでいただける
オニオンスープとあんぱん(つぶあんとこしあんが選べます!)

15:30ゴール(17:00までがゴール時間です)

最後は、ホテル内の温泉へ(バスタオルとフェイスタオルの貸出があります)。

走った後の温泉、最高でした。

まとめ

ツール・ド・小豆島 第6回オリーブサイクリング

天気も良く、大満足の一日になりました。

参加者のみなさんスタッフのみなさん、
お疲れ様でした。ありがとうございました。

次回は、さらに楽しめるよう
…もうちょっと体力つけます(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、ツール・ド・小豆島 第6回オリーブサイクリングに参加。さすがに疲れて今朝は起床が少し遅めに。ブログの更新も遅くなりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ