モノとコトの違い:モノの価値は所有することで減っていく

モノとコト。2つの違いです。

モノ(物)

モノは、まさしく物

ここでは、商品などの形があるものを指します。

簡単に言うと、

お金を出せばお店で買えるもの

モノによって金額に大きい小さいはありますが、

・好きなモノ

・こだわりのモノ

・手に入れたかったモノ

そういったものは、誰にでもありますね。

それが働くモチベーションになっているということもあります。

コト(体験)

コトは、体験です。

これには、

・自発的に体験するもの

・受動的に体験するもの

がありますね。

どちらにしても、

・はじめて知るコト

・ワクワクするコト

・本物を感じるコト

そのようなコト(体験)に価値を感じ、対価を支払います。

・忘れられない

・よく思い出す

そういった価値は、コト(体験)にある特性です。

2つの違い

モノの価値は、逓減(ていげん)していきます。

※逓減とは、時とともに少しずつ量や額が減っていくことを言います。

新品のときがいちばん良くて、
だんだんとその価値が落ちていく状態です。

また、
所有した瞬間にその価値が減るということもあります。

・手に入ったことで満足する

・手に入れたらそう欲しくもなかった

そういったこともありますね。

一方で、

コトの価値は、逓減しません。

目に見えていない
ということもありますが、

それは、自分が

・知ること

・感じたこと

・考えたこと

だからです。

もちろん、もう二度としたくないコト(体験)
というのもあると思いますが^^;

まとめ

モノの価値は、
所有することで減っていきます。

一方で、
コトの価値は、減ることはありません。

このブログでもよく記事にしている自転車。

私の意識も、

いい自転車が欲しい

より楽しく自転車に乗りたい

になっています。

モノとコト。2つの違い。

モノとコトがつながる価値提供をしていかなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、お米を1俵(60kg)精米。精米されて出てくるお米を見るのって好きなんですよね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ